2018.5.27(SUN) 読書

■仕事しようと思ったけれど、やる気になれず、だらだらと本を読んで過ごす。ネットで見て面白そうだなと思ったもの。有働由美子さんのエッセイ「ウドウロク」と、浅田鴨さんの「伴走者」。まったく気づいてなかったけれど、どちらもNHK関連の人ね。どちらも面白かった。

■今日の食事。

朝食:バナナデニッシュ。

昼食:<インド料理屋>サラダ。チキンカレー。ナン。ライス。チキンティッカ。デザート。

夕食:豚しゃぶ冷うどん。スティック野菜サラダ。

TAG :

2018.5.13(SUN) 読書

■母の日。どんよりしたお天気で、午後から雨というので、午前中のうちにちょっとお出掛け。午後は予報通り、雨が降ってきたので読書。

昨日久しぶりにリアル店舗の本屋さんに行って面白そうかなと思って買った宮本輝の「田園発 港行き自転車」。面白くてあっという間に上下巻読み切ってしまった。やっぱりこの人、お話の作り方が上手。登場人物が一杯いて、狂言回し的な人もいるのかと思いきや、皆それぞれ重要な役割があり。人生ってそんなもんだよね。それぞれの人にとって、その人の人生においては自分が主役なんだから。これを読んでいると富山県、滑川に行ってみたくなる。

■今日の食事。

朝食:クロワッサン抹茶ザマンド。

昼食:<M&Cカフェ@丸善>早矢士ライス。

夕食:豆ジャン。栃尾揚げ。わさび菜。

TAG :

2018.1.2(TUE) 用事を色々/マチネの終わりに

■箱根駅伝往路の序盤を見ながら、お節二日目。今日はお汁粉と一緒に。そのあと、活動開始。

まずは相方さんのお祖母さんのお墓参り。18回目。結婚式を挙げた年に亡くなったのよね。毎年、お天気が良くて、そして眺めの良い墓地で、きっとお正月はのんびりこの眺めを楽しんでいるのだろうなあと思う。それからお義父さんのお見舞いに行き、ワタシの祖母のお見舞いに行き。祖母はなんだか偉くご機嫌で沢山喋っていた。会話は全然出来ないのだけれど、たまに意味のある言葉も一語か二語くらい言う。

15時くらいになり、お腹もかなり空いていたので、神戸屋キッチンでパン食べ放題。あちこち用事も果たせたし、たくさんパンを食べたし、充実。

■相方さんはお風呂&マッサージへ出かけてしまったので、ワタシは夜は一人家で読書。

去年からずっと気になっていた平野敬一郎さんの「マチネの終わりに」を読む。ワタシは音楽や芸術がテーマとなっている小説がそもそも好きというのもあるけれど(恩田陸の「蜂蜜と遠雷」も、原田マハの「楽園のキャンバス」も)、これまた上質な恋愛小説で極上の時間を過ごさせてもらったなあ。よい小説を読んだ時の至福感。

■今日の食事。

朝食:お節料理。お汁粉。

昼食:<神戸屋キッチン>パン食べ放題(神戸屋スペシャルX2、レーズンパン、いちじくパン、ベリーのパン、チーズパン、ライ麦パン、フランスパンX2)、真鯛のグリル きのこ添え。

誓いを立てたそばから食べ過ぎ(汗)。でも夜ご飯は抜いたので。。。

TAG :

2017.1.22(SUN) 家でのんびり読書

■今日は気温も昨日よりは低いものの、それでも7Cくらいある。ただ曇っているし、特に用事もないので、掃除洗濯をしたあとは読書と、家でのんびり過ごす。

読んだのは阿部智理の烏シリーズ4作目と5作目。最初のころとはずいぶん趣が変わってきたなあ。ただどの作品にも感じるのが、どんでん返し好きなのはわかるし、うまく出来ていると思うのだけれど、どうも読後感があまりよくないのだ。それぞれがそれぞれに心に秘めた思いを達成しようとするのはいいんだけれど、人が悪いという感じかなあ。面白いんだけどね。

昨日読んだ西原理恵子と高須院長の熟年交際話も面白かった(ダーリンは70歳、ダーリンは70歳‐高須帝国の逆襲、熟年交際のススメ)。両者の言い分を聞ける(読める)のが面白いね。高須院長はすごいぶっ飛んだ人ではあるけれど、すごく世間一般的にいう常識を持っている部分もあり、その混じり具合が面白いなあと思う。二人ともとても個性的なのは間違いないが、お互いにそれをとても大事にしているところが微笑ましいと思う。特に西原さんは鴨志田さんとの結婚生活がすごく大変だったのも読んでいるから、幸せで良かったなあってすごく思う。ご本人は周りがなんと思っていても関係ないって言うだろうけど。

■今日の食事。

朝食:キャロットケーキマフィン。オレンジ。

昼食:<中華料理屋K>ビーフ炒麺。

夕食:キャロットケーキマフィン残り。ぶどう。ミニトマト。

お昼に外食すると、夕飯ちゃんと食べれるほどにお腹が空かない。。。

TAG :

2016.10.1(SAT) 久々読書

■6時起床。今日は終日天気が悪そうなので引きこもり。衣替えもした。

■久しぶりに恩田陸の新刊を購入。「蜜蜂と遠雷」 あらすじを読んだ時から好きそうな話だなと思っていたけれど、当たりだった。ピアニストを目指す若者たちが参加するコンクールの話で、予選から一次、二次、三次、本選と話が進んでいく。大きなサプライズもないし、そんなピアニストいるか?!っていう感じもあるけれど、でもやっぱり、この人のストーリーテリングは上手い。広げっぱなしで終わることもなく、一気に読破してしまった。楽しかったー。

■今日の食事。

朝食:チーズトースト。ぶどう。

おやつ:ウェハース、おせんべい、ナッツ。

夕食:納豆。お味噌汁。ごはん。

TAG :