2014.9.24(WED) 殺人的なスケジュール/NODA MAP

■6時起床。前日比+0.2kg、13年1月1日比+2.4kg。9時から13時過ぎまで、19時から21時まで、22時から24時まで打ち合わせ。今日から3日間連続で22時からの深夜コールなのよね。だんだん殺人的なスケジュールになってきた。

■来年のNODA MAPは主演キャスト変わらずのまま「エッグ」再演だそう。こんな短期間(初演から3年)って珍しいけど、パリの国立劇場から熱烈なラブコールがあったんですって。初演からの変化としては、本当に東京オリンピック開催が確定したもんね。きっとその要素が入ってくるんだろうな。

■今日の食事。

朝食:Vegeel。梨。ノアレザンドゥミの半分。

昼食:タルトブリオッシュ。ノアレザンドゥミの半分。

夕食:ドトールのミラノサンド炭焼きチキンとごぼうサンド。

TAG : NODA MAP

2014.2.23(SUN) 障子の国のティンカーベル@東京芸術劇場

■7時起床。前日比-0.8kg、13年1月1日比+0.1kg。

昨日の夜と今朝、もらった漢方薬を飲んだ。牛黄上清というもの。毒素を排出するのだそう。中国人だと1週間ほど飲み続けないと効果が出ないそうだけれど、日本人は2-3日で出るよとのこと。そうしたらもう飲むのをやめた方がいいらしい。ワタシは漢方薬って生まれて初めて飲むので、1回飲んだら何となく…な感じになり、今朝にはばっちり効果が出た。下剤ではないと言っていたけど、何が違うのかしら。ただすごく大きな丸い球なのを小さく割って飲むのだけれど、飲みにくいのね。。。

今日もまだボンヤリしているみたい。予約録画、チャンネル間違えていて見たかった番組は録れずだったり。

■芸劇で「障子の国のティンカーベル」という舞台を見る。野田秀樹が1981年25歳のときに書いた戯曲。女優さんの一人芝居。しかもダブルキャスト。元タカラジェンヌの毬谷友子さんの方が有名なのだろうけれど、今日は若手の奥村佳恵さんという人の回。演出は「THE BEE」や「赤鬼」などで野田作品に出演しているイギリスのマルチェロ・マーニ氏。

14022302.jpg

ティンカーベルは浮浪者みたいな恰好をしていて関西のおばちゃんみたいに最初は見えるのだけれど、ピーターパンと死に別れたことが分かる。。二人が障子の国、つまり日本にやってきて、ピーターパンは人形の曳子(エコー?)と人でなしの恋に落ちて、妖精の裁判にかけられて…。お話はほろ苦いラブストーリーに西洋と東洋の味付けといったところ。野田さんの若かりし頃の作品なので政治的な匂いは皆無だし、ティンクがピーターパンを取り込んじゃうところなんかは勢いあるし、良かった。とはいえ、お話そのものにはさほど感銘を受けなかったし、演出が野田さんではないせいかもしれないけれど特に前半はややダレ気味だったのだけれど(珍しく今回はちょこちょこ寝てしまった)、とにかく演じている奥山さんの芸達者ぶりが印象的な舞台だったのだ。

サポート役の人はいるけれど、一人芝居なので一時間半演じ続け、喋り続ける。当然のことながら野田さんの長セリフもあちこちにある。そして声も演じ方も変えてティンクとピーターパンの会話を成り立たせるなんてお手の物。妖精の裁判なんて一気に10人くらいの役を演じ分けたり。踊ったり、歌ったり、更にはお人形さんも動かしたり。すごい!障子が効果的に使われているし、障子の「サン」も結構大事だったりする。アンドロギュニュスはまた出てきたよ(安藤牛乳?)。ティンクとピーターパンが空を飛ぶシーン良かったな。

奥村佳恵さんという女優さんは89年生まれだそうなので25歳。高校三年生のときに蜷川幸雄演出「ガラスの仮面」の一般オーディションに応募して、2330人の応募者の中からヒロイン役に抜擢されたそう。すごい才能だな。しかも写真で見るよりも生の方が全然可愛い!前から2列目の真ん中辺とかなりいい席だったので堪能した。最初に飴ちゃんも貰っちゃった!毬谷さんの舞台もちょっと見てみたかったな。

■ウクライナ。ロシア寄りのヤヌコビッチ大統領&与党と、服役させられていたEU寄りのティモシェンコ元首相を筆頭とする反政府側の対立が激化していたが、野党側は首都キエフおよび政府機能を掌握して、大統領は支持基盤となっている東部の町へ退避。ティモシェンコさんは釈放されてキエフに戻ってきた。反政府側が今のところ優勢だし、5月に大統領選挙も行われることになったけれど、ほぼ国は二分されている状態だし、このままロシアも黙っているとはとても思えない。

ウクライナにしてもタイにしても不穏な状況だ。日本に置き換えて考えてみると、とても想像がつかないけれど。安倍首相に不満はあるけれど、野党がそれを転覆しようと、特に武力を使って立ち向かうなんて、想像がつかない。維新の慎太郎さんあたりはそういう過激な思想も持ってる可能性もあるかもだけど、みんなの渡辺さんとか公明党はなさそう。しかも、それを実行しようとしたとしても、国民がそれについていくとはとても思えない。反原発のデモとかは確かにあるけれど。日本が平和すぎるのか、タイとかウクライナの方がやっぱり異常な状況になっているのか←日常的にあることではもちろんないけど。

■今日は東京マラソン。最高気温は10度を超えないようだけれど、このくらいの方が走りやすいのかな。お天気も悪くなさそうだし、参加する皆さん頑張ってねー。

■キャイ~ンの天野くんが元女子アナと結婚だそう。びっくりー。でも良かったね!

■ウェディングケーキならぬ、Divorce cake、つまり離婚ケーキ、がアメリカにはあるらしい。"Free at last"(ようやく自由になれた!)というあたりがリアル。そしてダンナさんをウェディングケーキから蹴落としてたり、結構モチーフも毒がたっぷり。こちらに写真が色々

■お誕生日おめでとう~。

■今日の3Good! 1)奥村佳恵さん@障子の国のティンカーベル、よかった! 2)何年かぶりに食べたけどキムパブ美味しかった。今あんまり人気ないけど、韓国行きたいな。 3)今日は仕事しないで済んだ。昨日の夜、23時くらいまでやったおかげだけど、よかったー。

■今日の食事。

朝食:Vegeel。クリスチャン・カンブリニのマンダリン。メゾンカイザーのいちじくのパン。

14022301.jpg

セレクションボックスの最後は「マンダリンガナッシュは南仏を象徴する一粒」 マンダリンの香りは突出せず、上品。美味しかった~。10粒のショコラを満喫したわ。

昼食:<香家@エソラ池袋店>レディースセット~ハーフ汁なし麻辣担々麺、白キクラゲと豆苗の和え物、五目おこわ。

おやつ:<カフェデュモンド@池袋SPICE>ホットチョコレート。

相方さんのベニエも味見。

夕食:沈菜館のお惣菜セット~キムパブ、チャプチェ、プルコギ、チヂミ、キムチ、大根の甘酢漬け。

東武デパートで買って帰る。ちょっとずつ色々なものが入っていたので温かいものは温めてから食べる。

TAG : 外ゴハン ケーキ NODA MAP

2013.10.25(FRI) MIWA

■6時起床。前日比±0kg、13年1月1日比+1.1kg。今日は執行会議に陪席させてもらう。初めてだったので色々と面白かった。お金かかる話ばっかりだったけど。日本シリーズのチケットは取れず。残念。

■バタバタしていたが何とか18時には会社を出て池袋へ。NODA-MAPの新作MIWAを見るのである。ぜんぜんチケットが取れなかった。

美輪明宏の半生記。長崎に生まれ、お母さんは美輪さんを生んで亡くなり、義母に育てられたのかな。天主堂のマリア様、踏み絵、そして原爆。二人の自分に引き裂かれるような気持ちと母親との対峙、これは即ち、ゲイであることの生き辛さだろう。そしてもう一人の自分が歌いだす。

宮沢りえがMIWAさん。相変わらずの役者っぷり。美輪さん自身がそうだったからかもしれないけれど、すごい存在感で他の役者さんを圧倒していた。そして安藤牛乳が古田新太。相変わらず、この人はこの人らしい役柄。出オチっていうか。三島由紀夫と交流があったのは知っているが、繋一郎は誰のことだろう。裕次郎?(調べたら赤木圭一郎さんという俳優さんだった)。瑛太はちょっと存在感薄め。青木さやかの目立ちっぷりはちょっと気になった。役柄にハマっておらず、青木さやかのままだったから。

ご本人の歌声が使われていて、「ヨイトマケの唄」なども良いのだけれど、特に「愛の賛歌」は際立っていて、思わず涙がこぼれてしまった。すごい。宮沢りえの存在感とご本人の歌声とに、ホント圧倒されたのだ。

相変わらずの反戦反米テイストも若干は混じっていたが、そんなに鼻につくほどではなかった。むしろ原爆のシーンなどの演出には息を呑んだというか、鳥肌が立ったというか。あのふわっとした黒い布が死の灰か。相変わらず小憎たらしい天才っぷりというか。天草四郎と重ねるべきだったのかな。まあ、長崎だしということはあるだろうけど。…と思ったが、ご本人が天草四郎の生まれ変わりだと思っているのね。知らなかったわ。「妄想」と「もうそうしよう」とか。「化け物」とか。

いい意味でも悪い意味でもご本人の存在感が全てという舞台だった。かなり好き。

MIWA:宮沢りえ、赤(糸糸)繋一郎:瑛太、マリア:井上真央、最初の審判/通訳:小出恵介、ボーイ:浦井健治、負け女:青木さやか、半・陰陽:池田成志、オスカワアイドル:野田秀樹、安藤牛乳:古田新太。

■今日の3Good! 1)MIWAよかった。「愛の賛歌」とかちゃんと聞いてみよう。 2)自分のことではないけれど、無事にアルバ承認。よかったねえ。 3)ちょっとのんびり。

■今日の食事。

朝食:Vegeel。スタバのチーズクリーム クランベリースコーン。

昼食:いくらおにぎり。ごぼうサラダ。ショコラリング。

夕食:<イタリアン居酒屋>ローストビーフときのこの温かいサラダ。アーリオオーリオペペロンチーノ。海老のフリッター。

TAG : NODA MAP

2013.4.19(FRI) おのれナポレオン

■6時半起床。体重前日比-0.4kg、13年1月1日比-0.3kg。

■東京芸術劇場で「おのれナポレオン L'honneur de Napoleon」を見る。

三谷幸喜作・演出。三谷作品を見るのは初めてなのでとっても楽しみにしていた。ナポレオンを野田秀樹、腹心の部下モントロン伯爵を山本耕史、その妻を天海祐希、セントヘレナ島でのナポレオンの監視役であるイギリスのハドソン・ロウ役を内野聖陽が演じている。野田秀樹が作・演出しない舞台に出るのはこれが初めてという。人の舞台に今まで一度も出たことがないって、それもすごいことだわ。


『おのれナポレオン L’honneur de Napoleon』公演について(公演資料より)

フランス史上最大の英雄 ナポレオン・ボナパルト、
その生涯の隠された真実とは…。

偉人たちの、意外な一面を描いて定評のある三谷幸喜が、野田秀樹にあてて描くのはフランス史上最大の英雄ナポレオン・ボナパルト!!
天才か、狂人か? 神か 悪魔か? 高潔な英雄か 人格破綻者か?…
その存在のあまりの大きさゆえに、
その人間性のあまりの幼さゆえに、
あがめられ、
畏れられ、
愛され、
憎まれた男、ナポレオン。
幽閉の地、大西洋の絶海の孤島セント・ヘレナ島での最期は、病死とも暗殺とも伝えられ、その死はいまだに謎に包まれている。
「おのれナポレオン」と殺意を胸に抱く者たち、「ナポレオンの名誉 L’honneur de Napoleon」をかけてその企てに立ち向かう者たち。 そしてナポレオン自身が仕掛ける一世一代のたくらみとは…。



野田秀樹とナポレオンって確かにイメージが似ている。小さくてセカセカしていて天才で。野田さんがこんなに周囲をイラッとさせる人かどうかは判らないけれど。ただのバカかと思いきや、洞察力や人身掌握術はすごくて、周囲の人間は彼を憎んでいても結局は彼に惹かれてしまう(ナポレオンの方の話)。天才対凡人という構図になってしまうのかもしれない。誰が出るかも含めてまったく予備知識無しに見に来たのだけれど、ストーリー自体はかなり史実に近いのだろうか。登場人物はナポレオン以外もみんな実在の人、なのかな?どんでん返しのどんでん返しのどんでん返しという感じ。

想像していた通り、三谷さんの脚本は笑わせるところが多くて、そのあたりは野田さんにはピッタリだったけれど。野田さんに「偉くなりすぎると周りが何も言ってくれなくなっちゃう」なんて台詞言わせるあたりもいい趣味だし、不死身のナポレオンも笑える。天海さんもコミカルなキャラ似合うのね。お客さんは三谷ファンと野田ファンだと三谷ファンの方が多いという感じだったかな。終演後にあちこちで「野田秀樹ってホントちっちゃいねー」という声があちこちで聞こえた(笑)。野田さんが天海さんに「でかいんだよ!」って言うシーンも笑えた。宝塚の男役だしねえ。そりゃあなたと比べれば大きいでしょうよっていう。

NODA-MAPの暗示・隠喩的でストーリーとしての高次元さを追求する作品と比べると、三谷幸喜のお芝居は…というか、この作品はとってもstraight forwardだった。お客さんを楽しませよう、引き込もう、騙そうというサービス精神の旺盛さが現れている。NODA-MAPは芸術としての舞台を、今回の三谷作品は娯楽としての舞台を志向しているという言い方でいいのかな。野田さん以外の出演者は割と良く三谷さんの舞台に出ているのかな。いずれの役者さんも当然のことながら芸達者で安定感あって、そういう意味ではまったく心配や引っ掛かりを感じることなく見れたし。面白かった。

■今日の3Good 1)三谷幸喜のお芝居初めて見た。野田さんのお芝居とは全然違うのねえ。 2)今週はかなりストレスフルというか体力を消耗する一週間だったけど、最後にリフレッシュできてよかった。 3)「ナポリの食堂」ってチェーン店だと思うけど、意外と美味しいのね。その日のメニューだったホロホロ鳥と蚕豆のリゾットとかかなり美味しかったわ。

■今日の食事。

朝食:スタバ チーズクリームのクランベリースコーン。

昼食:ドトール ロースハムと野菜のサンドイッチ。

夕食:<ナポリの食堂>カプレーゼ。ロースとビーフのサラダ 温かいきのこのソース。小海老とミニトマトのアヒージョ。ホロホロオ鳥と蚕豆のトマトクリームソースリゾット。素焼きピザとハムのムース。

TAG : NODA MAP

2012.9.30(SUN) エッグ@NODA MAP

■6時起床。体重前日比+0.7kg、12年1月22日比-7.7kg。こんなに早く起きる必要はなかったのだが、目が覚めてしまった。気になっていたので掃除機かけなど。今日は台風17号のせいで夜は雨になるらしい。中秋の名月なのに残念だわ。日の出も5時半になったし、だいぶ秋らしくなってきたなあ。ワタシの好きな季節ではある。午前中は会社へ。

■そしてお昼からは池袋へ移動して、芸術劇場へ。NODA MAPのエッグを観るのだ。1階のE列。前から5番目で真ん中辺となかなかいい席だ。野田さんの声がますます聞きづらくなってきたなあというのはありつつも、ほかは非常に見やすく良い感じだった。特に仲村トオルの肉体美に圧倒された。深津っちゃんは可愛いくて歌上手いし、橋爪トオルはさすがの演技力。オーナー役の人もかっこよかったなあ。

ストーリーは明快でテンポも良いし、ここ最近見た中ではかなり好きなほうだわ。「南へ」は結構好きだったけど、「キャラクター」とか「パイパー」とかはあまり楽しめなかったのだ。「エッグ」も扱ってる素材というかテーマ自体は重いのだけれど、妻夫木くんや藤井隆の軽妙さに助けられてるところと、野田さんの毒がやや薄めということもあるのかしら。このところ言葉遊びの要素はかなり減ってきてるかな。前半のさらっと流してしまいがちなところに伏線ちっくな単語が色々と含まれているのは相変わらずだけど。

というわけで、満喫。

■台風は19時過ぎに愛知県に上陸して、すごい勢いで通り抜けて行っている。時速50kmくらいで、明日の朝には三陸沖に抜けちゃうとか。でもあちらこちらで風雨の被害。都内でも交通機関が影響を受けまくっている。

■今日の食事。

朝食:アップルクリームデニッシュ。

昼食:<Yのイタリア料理屋D>豆と蒸し鶏のサラダ。冷たいかぼちゃのポタージュ。季節の野菜 トマトソースのリングイネ。

夕食:<インド料理屋>ダールカレー。サフランライス。

台風がひどくなってきているので家の近くで相方さんとご飯。

TAG : NODA MAP