2010.8.21(SAT) 森羅塾卒業パーティ

■昼間は四谷LでP。

■夜は森羅塾卒業パーティ。11回の講座をフルに出席した人と10回出席した人を招待してくださって、着席のディナーパーティ。お食事は桐島さんの元パートナーでグルマンな勝見洋一さんお手製のもの。

森羅塾千夜一夜物語は1クラス約20名で4クラスあり、単発で参加されていた方もいたので、のべ人数では百人単位となっていたようだが、フル出席は30名。今日はフル参加8名と、1回お休みのお二方で10名が御呼ばれしていた。最初は年齢順に席についたところ、ワタシが一番年下だった。あとは皆さん40以上、50代の方が3人。でも皆さん綺麗でとてもその年齢には見えないなあ。ビックリしてしまう。

桐島さんのお話も少しあったが、食事は出席者が自己紹介がてら、色々お話したのだけれど、あまりに皆バラバラなバックグラウンドを持っていて、さらにビックリ。年齢が下というのも若干あるかもしれないけれど、自分がいかに平凡な人生を送っているかを認識。だって、桐島さんも入れて11名のうち、離婚せず結婚しているのは3名のみでマイノリティなのだ。一度も結婚したことない人が3名。あとの5人はみなさん離婚なり死別なりされて独り身。あ、ちなみに皆さん女性。

桐島ファンとしても小学生・中学生の頃からというコアな読者の方だし(ワタシも好きになったのは中学生のときだけど、皆さんと比べるとそこまでコアな読者ではないと思う)、人生も濃いし、圧倒されてしまう。ワタシの人生がつまらないものに思えてきてしまうわ(笑)。桐島さんの本を好きになるような方の特徴かもしれないけれど、皆さんお仕事人で自立された方ばかり。会社や学生時代の友人とはまた違うカテゴリーの方たち。桐島さん自身ももちろんすごいオーラを持って魅力的な人だけれど、そこへ集まる人たちもまた魅力的だなあと思う。

千夜一夜物語はいったん区切りとなるが、この後も交流を続けていく仲間となることを桐島さんも期待されているので(もともとそれが目的で始まった会なのだ)、今後ともよろしくお願いしますとご挨拶して辞す。記念品と、卒業証書代わりの署名入りの御本をいただいた。

10082108.jpg

■今日の食事。

昼食:<イタリア料理屋L>トマトの冷製パスタ。カジキマグロのインボルチーニ。オムレツ。

10082101.jpg

夕食:<森羅塾>前菜~カリフラワーのムース 黒オリーブソース。鯵のたたきと雑穀入り焼きおにぎり しそソース。夏野菜の煮込み 濃厚なフォンドボーのゼリーがけ。

10082102.jpg

さいまき海老とアボカド マグロ入りのソースかけ

10082103.jpg

オリーブの葉のパスタ 卵黄添え

10082104.jpg

ホタテのパイ包み ベシャメルソースかけ

10082105.jpg

ステーキ ブールノワゼット(トマト・バター・オリーブ)と醤油のカプチーノ仕立ての2種ソース添え

10082106.jpg

アイスクリーム包みクレープ ラムレーズンソース。

10082107.jpg

勝見さんはオーセンティックなどっしり重いフレンチがお好きだそうで、クラシックかつ手のかかるソース使いがお上手。いまどきの軽い仕立てのソースも作られていたけれど。桐島さんが「男の料理」と評する彼のお料理は本当に手が込んでいる。前菜に出てきた野菜の煮込みに使っているフォンドボーの濃厚なこと。カリフラワーのムースもとっても美味しかった。すべて独学。食べると味の組み立てが見えてくるのだそう。うらやましいなあ。

TAG : 森羅塾 外ゴハン

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)