2013.10.13(SUN) 大統領の料理人

■5時半起床。前日比+0.2kg、13年1月1日比+1.2kg。7時くらいまではネット見たり、朝ごはん食べたりとのんびり過ごし、7時から活動開始。お天気も引き続き良いので洗濯したり、掃除したり、クリーニング出したり、色々と終えてもまだ8時半である。早起きして、かつ、会社へ行かないで良いと時間がたっぷり使えて嬉しいな。で、9時から美容院へ行ってカット&カラー。通常のカラーのお値段でハイライトも入れてくれるというサービスをやっていたのでお願いする。渋谷へ移動。チケットをまずゲットしてから、VIRONでお昼ご飯。レトロドール美味しいー。

■で、Bunkamuraル・シネマにて12時45分から上映の「大統領の料理人」を鑑賞。ずっと見たいなと思いつつ、なかなかそんな余裕もなかったのだが、母が見に行って「すごく美味しそうだったわよ」という映画の感想とは思えない感想を伝えてくれたので、やっぱり行かなきゃと思った次第(笑)。この映画館初めて来たけれど、シアター内で飲食禁止なのがいいわね。よく行くTOHOシネマズはポップコーンの匂いが結構つらいのよね。

お話のほうはトリュフの産地であるペリゴールの女性シェフ、オルタンス・ラボリが大統領官邸であるエリゼ宮のプライベートシェフとして招聘されるというもの。これはミッテラン大統領時代の実話なのだとか。しかも彼女は後に南極観測所でもシェフをしていたのだそうである。

で、確かにホント「美味しそうな映画」というのが一番ぴったりな感想!サントノレにたっぷり絞られたメメ・クリーム(おばあちゃんのクリーム)、サーモン苦手なワタシでも美味しそうに見えてしまうサヴォワキャベツとサーモンのファルシ。でももっとも美味しそうだったのは「美しきオーロラの枕」という名前のお料理でフォアグラや鴨などの詰め物が色々と入ったパイ包みにトリュフソースをかけたものと、初物のペリゴール産トリュフで作ったタルティーヌかなー!パイ包みは見た目も美味しそうだったのだけれど、一人分の量がこれまた豪快で!ちまちま食べたって美味しくないわよというオルタンスの立ち位置の現れかなと思った。タルティーヌのトリュフもぶ厚く切ったのをザクザクとバゲットの上にのせていく。こちらまで香りが漂ってきそう~。付け合せのキノコソテや、ポルチーニのスクランブルエッグとか、キノコ類はどれも画面から香ってきそうだった。あとマグレ(鴨)もあちこちで出てきて美味しそうだったし。お腹空いているときに行ったら拷問だなと事前にお昼を食べたから見たわけだけど、大正解。お腹空いてなくても食べたくなっちゃうメニューばっかりだった。

以下はかなりネタばれな感想です。







(ココカラ)

そしてミッテラン大統領がそんなに美食家だとは知らなかった。「古典的な」「おばあちゃんの味」と言いつつも、ヌーベルっぽい盛り付けとかがお好きではないだけで、召し上がっていたのは豪快かつ手間隙をちゃんとかけたお料理ばかりだったけどね。単なるグルメというのとはちょっと違うかな。美味しいものを真っ当に美味しく食べることを大事にしてたのかも。でもこんなこってりしたお料理をたっぷり食べてたら、そりゃカロリー制限しろと言われるのも已む無しかも。美味しいものって何でカロリー高いのかしらねえ。ご本人の幸せと、健康&官邸の予算は両立し得ないものなのかしら。。。ちなみに映画の中での大統領、特に夜の厨房でのオルタンスとのやりとりや、出発時間を無視してまで料理について目を輝かせて話すところなど、とても良い演技だったけれど、ミッテラン大統領ご本人にはちっとも似てない。最初に見たときに「あれ?どの大統領だっけ」と戸惑ってしまった。

オルタンスがなぜ官邸料理人に選ばれたかも含めて全てを描ききらないところや全体的に皮肉が利いているところは、フランス映画らしいというか何というか。しかもパンフには「お堅い官邸の常識と、大統領の<心>を変えていく」とか「官邸の厨房には、少しずつ新しい風が吹き始める」と書かれているけれど、最終的には変え切れなかったあたりもほろ苦い。もちろん実話をベースにしているからしょうがないんだろうけど。ああ、でも、よくパンフを見れば「変えていく」とか「吹き始める」とか、現在形でしか書かれてないか。過去完了ではないわね。彼女自身はまた次の道を見つけて力強く生きているので(それでも癒す期間は必要だったわけだけど)いいのだろうけれど、結局今も官邸の中は変わってないのかな。

また彼女の気の強さ(強引さ?)や豪快さも何となくフランス人っぽい描き方だなあと思ったのだけれど、これまた実際のご当人(本当のお名前はダニエル・デルプシュさん)がそういう性格だったのかしらね。お洋服がちょっとヤボったいのも地方の出身というイメージなのかしら。常にネックレスをくるっと結んでいるのがこだわり?大統領の方は彼女のお料理によって「<心>を変えていく」って書かれているけど、元からそういう性格だったんじゃないかなあ。

(ココマデ)







とかとか色々と思いましたが、やっぱり感想としては「美味しそうな映画だった」に尽きるかな!トレーラー貼っておこう。



ちなみに都内のレストランではタイアップ企画でこの映画に出てくるお料理を出してくれるところが幾つかあるのだけれど(先日行った丸の内のビストロドゥーブルはサントノレ)、お昼を食べたVIRONでもやっている。ただサーモンのファルシだったので注文せず。でもフレンチビストロでお昼を食べて気分を盛り上げてから見に行ったのであった。

■信玄餅は12個入りではなく、8個入りだと相方さんからクレームあり。おや、そうでしたか。

■CSファーストステージ第2戦。パ・リーグは今度は西武が大勝してイーブンに持ち込んだけれど、セリーグは広島が2連勝。勢いあるなー!気をつけないと一気に行かれそうだ。

■こないだBiglobeの契約内容を変更したと書いたけれど、NECはそのBiglobe事業の売却検討しているのだとか。1996年Yahoo! JAPANがオープンした直後くらいに立ち上げられ、インターネット接続やポータルサービスなどをやっている。

売上高800億円で利益率3-4%と大きくはないが、ちゃんと利益は出ているわけだし、緩やかには売上規模も拡大しているらしい。極端に収益が変動するビジネスではないだろうから、手堅いビジネスとは言えるだろう。ただスマホがメインになってきた世の中でPC中心の事業展開はあまり先行きは明るいとは言えない。というか、スマホ事業へも展開しようとしたのだが波に乗り切れなかったということみたい。

NECは携帯事業についても撤退を発表したけれど、BtoCからBtoBへのシフトを明言していて、携帯事業とは違って黒字のインターネット接続事業であっても切り離すという決断のようである。戦略に合う投資対象が定まっているなら、この事業売却でキャッシュを手に入れてそちらにまわした方がいいわよね。

■今日の3Good! 1)やろうと思っていた用事をすべてこなせた。明日はフルにオープンなお休み!2)美味しいご飯に美味しそうな映画。休日を満喫。 3)今日も空が澄んでいて綺麗!雲も一つもない。とにかく青いところを撮りたくて、空以外に何も入れないようにして撮った一枚。吸い込まれそう。

13101301.jpg

■今日の食事。

朝食:スコーン。桃。

昼食:<VIRON>レトロドール。ニース風サラダ。

13101302.jpg

ボリュームたっぷり、目にも鮮やかなサラダニソワーズ。普段はあまり美味しいと思ったことのないマグロのコンフィがとても美味しかった!

夕食:VIRONのジャンボンクリュ・エ・ブリドモー。

13101303.jpg

夜もVIRON。だって好きなんだもーん。バターたっぷり、ブリドモーのクセとジャンボンクリュの脂を力強いバゲットががっつり受け止めていてウマー。適当に撮ったらピンも構図もいい加減な写真になっちゃった。

TAG : 外ゴハン パン

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)