2013.11.2(SAT) 銀英伝/ついにマー君に勝った!

■7時起床。前日比-0.6kg、13年1月1日比+0.8kg。9時くらいから仕事へ。お昼にちょっと雨。夜になっても全然仕事は終わってなかったのだけれど、日本シリーズが始まってしまうので帰宅。どうせまだ2日間休みあるし。仕事を続けながらテレビ観戦。

■日本シリーズ楽天対巨人第6戦。木曜日に負けて2勝3敗、楽天に王手をかけられ、仙台でマー君と対峙するというかなり厳しい局面。巨人の先発は菅野。でも家に帰ってテレビつけたら、すでに0-2になってる!うぅぅ、こりゃ決まったかと思ったら。

ついに巨人打線がマー君を攻略。5回に先頭の坂本が二塁打、1アウト二塁からロペスがホームラン!寺内、長野も続いて、2アウト一、三塁からヨシノブが勝ち越しタイムリーで3点!6回も1アウト二、三塁からロペスのゴロで追加点。これで勝負あった。菅野も一瞬崩れかけたけれど、基本的にはずっと調子よくて、4-2で3勝タイに持ち込んだ!

決め球のスプリットをずいぶん多用していた上に、ストレート勝負で押し切ろうとしすぎたのかな。寺内・坂本・ロペスあたりはかなりタイミングが合ってきていたし。ちなみにマーくんの1イニング3失点は今季ワーストだそう。1試合4失点も。今季初黒星が日本シリーズ第6戦ってすご過ぎる。でも、ここで勝たなきゃ、日本のプロ野球チームは誰もマー君に勝てないよ…っていうラストチャンスで、セ・リーグ王者としての責任を果たしたというか、意地を見せたという感じかな。

勝ったからというだけじゃなくて、見ごたえのある面白い試合だったと思う。やっぱり日本シリーズの緊張感、レベルの高さっていいね。とか言って、明日杉内がぼこぼこに打たれて負けるっていう絵もちょっと頭をよぎったりもするのだけれど、たとえそうなったとしても今日の試合でマー君に勝てたことでかなり満足ではある。

そして、マー君、この悔しさで日本のプロ野球に来年も残るって言ったりしないかなあ。

■(2013.11.3 8:00追記)今日の試合終わる前に書いておこう。

「巨人も巨人ファンもKY」って各方面から言われた。そんなことわかってるよー。巨人ファン以外のすべての人がマー君を応援してたことくらい当然知ってるさー。ワタシだって巨人ファンじゃなかったら、マー君応援してたもの。でも昨日の試合にかぎっては、絶対に巨人ファンしか巨人の応援しないんだからいいじゃない(笑)。

完全無傷でシーズンを終えるマー君を見たかったことも事実だし、その方がマー君のキャリアにとっては美しいけれど、でも楽天というチームとしては最後の最後までマー君頼みで優勝…じゃない方がいいんじゃないかなと勝手に思ったりしている。もちろんシーズン中だって、マー君で20勝以上してはいるものの、他の人たちがきちんと守備をして、そして誰かが点を取ったからこそ、勝てているわけだ。それが今回は2日間に渡るっていう感じじゃないだろうか。負けたマー君のために、自分たちが勝ちきれなかったせいで偉大な記録をコンプリートできなかったマー君のために、第7戦で総力戦で勝つという方が美しい気がする。今後マー君が抜けたあとのチームのことを考えても。「負け惜しみ」の反対はなんて言うのかな。「勝ち惜しみ」とは言わないと思うけど、今日の杉内のコンディションはともかく、そういう意味でも日本シリーズ優勝を楽天が持っていっても悔いはないだろう。

誰か一人に頼って導いてもらうのではなく、みんなで勝ちをもぎ取るというのが、本当の意味で東北の復興のシンボルにもなるのではないだろうか。…と思ってしまうのは銀英伝の影響を受けすぎかな。あの話では、政治的に素晴らしく優秀で国を正しい方向に導いている専制君主がいても、(自由同盟の場合はかなり腐敗していたわけだけど)共和主義のほうが優れていると言えるかというのが大きな命題なのだ。君主に頼って国民一人一人が責任を負わないという点において、専制君主制度は認めたくないというのがヤン・ウェンリーの意見だった。スターに憧れ、スターに導いてもらうよりも、どんなにみっともなく、どんなに遅々としていても、自分たちの手で…と。お話と現実を一緒にするなって話だろうけど。

まあ、それはさておき。何とか勝たせてはもらったけれど、マー君はほんとすごいピッチャーだった。コメントでもいただいているけれど、150球以上投げての9回であの投球はホントすごい。鳥肌が立つような投球だった。でも則本もいいピッチャーだし、今日先発の美馬もこないだの試合ではかなりいい投球をしていた。ホント楽天は強いと思う。今日はどうなるか楽しみ。

■読んだ本。

銀河英雄伝説vol.1~20 (田中芳樹) 徳間デュアル文庫

ああ、ついに読み終わっちゃった。アニメは途中までしか見ていなかったので、こんなに大勢死んでしまうのかあとビックリ。死亡フラグ立ってる人もいっぱいいたし、それ以外に話の落ちつけようがないよねという感もあったけれど。

これでアルスラーン、創竜伝、銀英伝と読んできたわけだけれど、やっぱり銀英伝が群を抜いて面白いわね(完結しているって良さもあるけど)。組織運営とか戦略とか仕事目線で読んじゃうのもなんだけどさ。昨日もHやしさんと話していたのだけれど、今だと圧倒的にヤンの有能さに目が行くのだけれど(あとはロイエンタールの破滅型志向と)、子供のころだったら素直に王子様キャラなラインハルトを一番好きになっていただろうか。多分ワタシは子供のころでも変わらず、ロイエンタールかヤン・ウェンリーがお気に入りになるような気がする。昔からひねくれてるので(笑)。

これから外伝。

この記事、いつまであるか分からないけど、カワイイ。

■今日の3Good! 1)日本シリーズ第6戦はすごい試合だった。ついにマー君に土をつけたぞ! 2)0時過ぎまで仕事していたけれど、だいぶデータはまとまってきた。あとは見せ方だなあ。 3)銀英伝満喫。

■今日の食事。

朝食:Vegeel。スタバのメープルクリームとウォルナッツのスコーン。

昼食:<Cのタイ料理屋>ミニ生春巻き。パッタイ。スープ。タピオカ入りココナッツミルク。

夕食:サラダ。ブランパン。

TAG :

Comment

No title

今日の田中は、負けはしたけど、改めてそのすごさをまざまざと見せつけられた気がしました。代える投手が他にいなかったというチーム事情もありますが、普通、あれだけ打たれておきながらその後をぴしゃりと抑えるなんてできることではありません。これこそが田中伝説の最終章なのかなと思いました。そして、則本がしっかりとバトンを受け取ったことでしょう。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)