2014.5.19(MON) バーバリーの無くなった三陽商会の行く末

■6時起床。前日比-0.6kg、13年1月1日比+0.6kg。今日もいいお天気ー。

■夜はSさんに呼ばれ、金曜日の話の続き。読みは当たり。しかもイイ方。さて、どうするか。っていうか、どうするかも何もないのだけれど、考えなければいけないことは一杯ある。

それにしても、やっぱり物事にはタイミングがあるんだなあ。Uち田さんの言っていた「周りに宣言することのメリット(そういう機会を優先的に回してくれることも)」「Chance favors prepared mind」「自分の中でも覚悟が出来ると目の前に流れてくるものの見え方も変わる(つかまなきゃいけないものが来た時につかめる)」が、まさに起きているような気がする。あの雪の日がターニングポイントだったかもしれないし。

■三陽商会が、ライセンスで展開する「バーバリーロンドン」の婦人服と紳士服を2015年春夏シーズンで終了するとのニュース。「バーバリー・ブルーレーベル」と「バーバリー・ブラックレーベル」は、2015年秋冬シーズン以降、バーバリーの名称を付けずに新たなサブブランドとして事業を継続って書いてあったけど、バーバリーってつかない「ブラックレーベル」や「ブルーレーベル」ってどうなの?

と思って、会社のサイトを見たら2018年までの中期経営計画が出ていたので、ついつい見てしまった。バーバリーのブランド力を失った分を、今持っているブランドや新規ブランド立ち上げでカバーするのはかなり厳しいように見える。2015年16年の営業利益の落ち込みはバーバリーとの契約終了のインパクトよね、きっと。そして18年の売上1300億の半分、650億円が既存事業(マッキントッシュやポールスチュワート、エポカ)の拡大か。今はどのくらいなんだろうと思って見たけど、その開示はしていなさそう。ついつい遡って色々と資料を見てしまった。去年も希望退職とかやってるし、ずっと厳しい状況が続いているのね。

前回の中期計画と比べるとかなり具体的な情報が出てるみたい。出さなければ投資家の不安を払しょくできないってことの表れかな。前回の時点でも脱バーバリーということは謳っているけれど、今回の中期計画では、14年から16年にかけて、バーバリーが抜けることによるインパクトが、売上で280億円減少、営業利益は14年に70億円しか出ていなかったところから90億円減少(つまり赤転)。多少は依存状況は改善していたのかもしれないけれど、間に合わなかったと。

「ブルーレーベル」「ブラックレーベル」もチェック模様などの今のコンセプトは継承するって書かかれているけれど、バーバリーの名前なしにどこまで売れるのかしら。イラスト的にはまだ売上の4分の1くらいはこれら2ブランドみたいだけれど。成功のカギはどこまでブランドコンセプトを強力に押し出せるかなのかな。ブランドワークって広告宣伝の仕方にもかなり因るとは思うので、出来ないことではないと思うけれど。Eコマースに行くよりも、大胆なブランドコンセプト+路面店みたいな方を先に強化した方がいいと思うけど、そんなことないのかな。

M&Aによる新規事業領域の獲得を挙げてるのもなあ。これも前回から挙げてるけど、実現できてないみたいだし。もうライセンシングみたいな形が成り立たないってことなんだろうけど、新たなブランドを買収したいってことだよね。社内的にはもうある程度めどがついてるんだろうか。

■今日の3Good! 1)一応想定しうるシナリオの中(って言ってもそんなに沢山はなかったけど)ではベストな回答が得られたかな。 2)先日のスカイツリーの写真(プロ撮影のもの)をもらったけれど、やっぱり上手く撮れてるわねえ。いい記念だわ♪ 3)HロとHやしさんの3人でスラダン名言集で盛り上がる。出張中だったり、忙しかったりなのに、めっちゃレス早い人たち。どんだけ愛があるんだと。

■今日の食事。

朝食:Vegeel。パンオショコラ。

昼食:アボカドとベーコンのフォカッチャ。抹茶スコーン。

夕食:<お蕎麦屋>鴨南蛮そば。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)