2015.1.5(MON) つな八の思い出

■7時起床。前日比+0.3kg、15年1月1日比-1.3kg、目標まであと-3.7kg。

今日から仕事始めの会社がほとんどなんだろうな。電車の中はサラリーマンだらけ。新宿の地下街を歩いていてもスーツ姿の人が目について、年末年始とは明らかに風景が違う。

■相方さんと新宿のつな八総本店でお昼ご飯。

今はもう無いみたいだけれど、昔は渋谷の東武ホテルの地下にもつな八があって、祖父が好きだったせいもあり、祖父母宅に遊びに行くと良くそこでお昼を食べたのよね。ワタシも上品すぎない少し庶民的な天麩羅とお店の雰囲気がとても好きだった。懐かしい。祖父が存命だった頃、相方さんも一度一緒に行ったことがあり、覚えてくれていた。

大正十三年創業、昨年で90周年を迎えたのだそう。混むかなと思って、少し早目の11時半くらいに行ったのだが、それでもそこそこお客さんは入っていた。ささっと食べて、12時ちょい過ぎくらいにお店を出る時には10人以上待っていた。相変わらずの人気ね。

■読んだ本。

「ウィンター・ホリデー」 坂木司 (文藝春秋)


 
本屋で目について買ったもの。この作者さんが書いた「和菓子のアン」というのを去年読んでいてなかなか好きだったので。読み始めて気付いたのだが、これは2作目だ。元ヤンでホストをやっていた主人公の目の前に生き別れの息子が表れて、ホスト稼業を卒業し宅配便ドライバーとして地に足の着いた生活をしながら、息子との距離を縮めていくというお話。どうも一作目は夏休みの話だったようで、今作は冬、クリスマスやお正月にバレンタインに絡めたお話だった。

多少ご都合主義な展開ではあるけれど、「和菓子のアン」同様、いわゆる日常系で優しいお話なのでホッとする。多分作者の坂木さんが優しい人なんだろうなと思わせる。ほのぼのするのよね。前作の「ワーキング・ホリデー」も読んでみよう。

■今日の3Good! 1)久しぶりのつな八の天ぷら。ちょっと胡麻油が重く感じたので、塩ではほとんど食べなかったけれど、年のせいかな?でも大根おろしをたっぷり入れた少し甘めの天つゆで食べる天ぷらはとても美味しかった。蓮根とかき揚げが特に好み。コース以外に何かお好みの単品追加しようかと思ったけれど、お腹一杯になってしまって断念。満喫したわ。 2)年末に実行できなかった案件も無事に片付いた。これでもろもろ完了かな。 3)今日は最高気温が10度以上あって、暖かい日だった。ガーデンプレイスから眺める満月もとても綺麗。幸せ。

■今日の食事。

朝食:VIRONのクロワッサン。

昼食:<つな八総本店@新宿>天麩羅御膳~海老2尾、鱚、野菜(蓮、茄子、舞茸)、小海老かき揚げ、白菜の口替り、お揃い(ご飯、しじみ汁、お漬物)。

夕食:<Vivi la Verde@恵比寿ガーデンプレイス>アミューズ~レンズ豆とポチギ。鴨肉のコンフィ サラダ仕立て オレンジの香り。オマール海老のムース クレープ包み サルサ・アメリケーヌ。自家製手打ちパスタ“タリアテッレ” 仔牛肉とフォアグラのラグー。青のりとアサリのリゾット 真鯛のヴァポーレを添えて。信州アルプス牛のタリアータ スカモルツァチーズとフレッシュポルチーニのソース。パンナコッタとセミフレッド・オレンジソース。

TAG : 外ゴハン

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)