2015.1.11(SUN) 最後は雪だったけど総じて楽しい一日

■7時起床。朝のニュースがどうやったら見れるかも判ったし、今日はお天気も良くて、何と朝の気温は摂氏マイナス4度。今までで一番暖かいや。相方さんと1時間ほど話す。

リアウィンドウのウォッシャー液の出し方も判った。手前じゃなくて、奥に押すとリアウィンドウの方が出るんだ!一個ずつ学ばないとね。。。

なんと昼間は0℃(32F)に!あったかい!Hやしさんを13時ころ拾って、モールへ。Hやしさんのリクエストで靴のディスカウントショップにまず行く。でも自分でも雪の中で履けるような靴が欲しいと思っていたから、丁度良かった。しかも安い。元々ディスカウントな上に更にセールで30%とか40%オフ。ワタシみたいに足が大きい人にも合う靴が一杯!というわけで、ちょっとヘビーデューティーっぽいこちらの靴↓と会社用にパンプスを一つ買った。それぞれ42ドルと24ドル。税込でも合わせて72ドルとかなりお安い。

15011101.jpg

更にHやしさんがお土産買うのにアウトドアショップに行き、そのあと、Whole Foodsというちょっとお高めのオーガニック系スーパーへ。ボディーローションとか買いたくて、ワタシも行こうとしていたのだ。ちょうど良かった!

一旦Hやしさんをホテルまで送り、16時くらいにAきさんと会う。タイヤの空気圧が低いというサインが出たので、ガソリンスタンドまで付き合ってもらう。結局空気を入れる機械はアウトオブサービスで使えなかったんだけれど、やり方は教えてもらった。

そこからまた再度Hやしさんを拾いに行き、Aきさんの車に乗って、ちょっと離れた和食居酒屋Sへ。non-Japaneseのスタッフもいるけれど、でも日本人のスタッフもいるといった感じのお店。全てがちょっと甘口だったけど、でもホッとするわね。平日は日本人ばっかりらしいけれど、週末の夜は日本人とそうじゃない人が半々くらいだった。Aきさんの仕事の話、旅行の話(Hやしさんのコスタリカがすごく良かったとか)などなど楽しかった。

ただ、ちょっと帰りが大変だった!Aきさんの車に乗った時から少し雪が降り始めていたのだが、お店を出たらかなり本格的に積もっており。こちらの運転に慣れているAきさんですら、ちょっと怖いというくらいの状況だった。ずっと降り続けている上に、日曜の夜だから除雪車も少ないのか、轍もほとんどない感じ。Hやしさんのホテルからワタシのホテルまでは10kmちょっとなのだが、結構不安になる状況ではある。ゆっくり自分のペースで行くこと、曲がるときと停まるときに滑るので気を付けること、前の車と車間を空けるのもそうだが、後ろから突っ込まれることもあるので、後ろの車が近づきすぎている時も気を付けることなど、雪の中での運転方法を教えてもらう。自分の車に戻ったら、多分3時間くらいしか置いてなかったのに10cm近く積もってた。シカゴでこんなに降ることは珍しいらしい。帰りの大通りの一つは除雪されていたので意外と楽だったし、もう一つの道もゆるゆると行けば、そんなに怖くなかった。どうしてもちょっと無理して停まらなければいけなかった時だけ、ABSが効いてガリガリ音がしたけど、それも想定していたので焦らずに済んだ。Aきさんに遠回りしてもらっちゃって申し訳なかったけど、でも色々と教えてもらえて、ワタシ的には助かったかも。あと飲んだ場所は結構離れていたので、そこから自分のホテルまで戻るのはかなり厳しかったに違いない。結局普段より5分くらい余計にかかった程度で帰りついた。昼間に買った靴も大活躍だし、総じてイイ日だったなあ。

15011102.jpg

■今日の3Good! 1)初めて0℃以上だった。昼間はとっても暖かくていい日だった!嬉しい。 2)お買い物も色々と出来て良かったー。 3)雪の中の運転も何とかなりそうな気がしてきた。

■今日の食事。

朝食:ワッフル。グレープフルーツ。

コンプリメンタリーブレックファーストの隅っこに置かれて気になっていたのが、ワッフルメーカー。一つの機械はボタンを押すと生地をカップに絞りだしてくれて、それを焼く機械の方にだらだらーっと流し込む。蓋を閉め、くるんとひっくり返すと、2分半のタイマーが自動的にスタートする。タイマーが鳴ったら完成というもの。昨日使っている人がいたので、観察していたのだ。ワタシもやってみたがとても簡単に上手く出来た。苺ジャムやメープルシロップをかけて食べる。ただ肝心のお味の方が…。

昼食:和風パスタ。

持ってきた「つゆの素」と塩昆布で和風な味付けに。

夕食:<居酒屋S>ほうれんそう胡麻和え。ししゃも。しそ巻き豚串。きのこの天ぷら。

TAG : 外ゴハン

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)