2015.4.23(THU) Shelter in Place - まさにアメリカ的な訓練

■5時15分起床。体重前日比-0.6kg、1月1日比-0.3g。今朝はまた寒い。ちょっと北のあたりはなんとマイナスのところも。4月はまだまだ微妙な季節なのね。花の種を植えるのも5月の母の日まで待った方が良いと言うし。

何だか今日はすごく忙しかった。しかもD○A絡みの話が多め。そういう日だったのか。7時には会社に着いて、夜会社を出たのは20時くらいだったかな。お昼も会議しながらだったしね。

■そういえば今日は両親の45回目の結婚記念日。サファイヤ婚式と言うらしい。二人そろって元気に過ごしてくれていて、嬉しい。これからも身体に気を付けて楽しく過ごしてほしいな。

■そうそう、今日は会社でShelter in Placeというドリルがあったのだ。日本で訓練といえば、地震とか火災とかを想定して机の下に潜るとか建物の外に出るとかが一般的かと思う。こちらも火災訓練はあるのだけれど、地震の避難訓練はない。イリノイ州では地震は10-20年に一度くらい震度2-3の地震がある程度だそうなので、要らないのだろう。

その代りにということではないけれど、こちらにはShelter in Placeという訓練がある。建物のの中で銃を持った人が乱射しまくっているという想定で、どこかの部屋に逃げ込むという訓練だ。部屋に入ったら鍵を掛ける。逃げ遅れて入れなかった人が廊下にいて、扉を叩いたとしても鍵を開けてはいけない←逃げ遅れた人は殺されてしまうかもしれないが、部屋にいる全員を危険な目に遇わせるよりはマシという考え方。部屋に入った後も電気は消し、人影が映ってしまうような擦りガラスの前などには立たず、壁や机などで守られた場所で安全が確認されるまで待つ。

で、実際の訓練は、何人もの犯人役(?)の人がフロアを走り回り、大きな声を挙げたりして、かなり緊迫感があって怖かった。ワタシは大声が聞こえたら、自分の部屋に閉じこもり、鍵を掛けて、壁に囲まれた場所に落ち着く。「終わったよ」と声を掛けられるまで、ひっそりと息を殺していた。

なんてアメリカ的な・・・と思うけれど、実際にオフィスや建物内での発砲・乱射事件の発生数は増加の一途をたどっているそうだ。ちなみにうちの会社でも特定の退職者(首を切られる時に揉めた人とか、会社と係争中の人とかだと思う)は、受付で入れないようになっていたりするらしい。怖すぎる。本当にそういう事件が起きたときにちゃんと対処できるかしら。もちろん火事だったら外に逃げる必要があるし、竜巻の場合はワタシの部屋みたいに外に面したところにいると危ないので、むしろ建物の内側の廊下とか階段スペースに行かないといけないし、とっさの対応が大変そうだ。

■今日の3Good!

1)JがTB○とM○Pメッセージを合わせようと提案してきた。ちょっと驚いた。でも良いことだ。

2)マックスマーラのセールでサンプル品で買った前側が白と黒の太めの縦ストライプ、後ろ側が黒一色のパンツを、今日会社に着て行ったら、めちゃめちゃ色々な人に「それいいね!」って言われました。日本でもそれなりには言われたけど、今日はすごかった。アメリカ人ウケするデザインだったのね。

3)チャリティを兼ねたBake Saleでお買い物。こういうのもまたアメリカ的でいいよね。

■今日の食事。
朝食:ビスケット。オレンジ。

これも美味しかった。チャイブみたいのが入って、ちょっとスパイシーなビスケットだった。なんていう名前だったか忘れちゃった。

昼食:<会議室にて>ツナサンド。チップス。オートミールクッキー。

おやつ:レモンクリームケーキ。

Bake Saleで買ったもの。

夕食:Whole Foodsのサラダバー。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)