2015.7.26(SUN) 世界最大の鍾乳洞!

■8時に朝ごはん。今回はスーパー8という安いホテル(モーテルに毛が生えたくらい)に泊まっていたので←ほかに選択肢がない、朝ごはんもごくごく簡単なもの。

朝食:トースト、ミニマフィン。

9時にホテルを出発。目的地はマンモスケーブ国立公園。世界遺産にもなっている世界最大の鍾乳洞マンモスケーブの見学に行くのである。世界遺産好き、鍾乳洞好きとしては、ずっと行ってみたかったところであるが、いかんせん日本からはアクセス悪すぎて。今回のシカゴ駐在中に絶対行かなければ!と思っていた場所の一つである。ワタシ的には今回の旅行のハイライト。

15072601.jpg

15072602.jpg

Domes&Step Stoneというツアー。10時発でスクールバスみたいなものに乗って入り口まで行く。そこからいきなり280段もの階段を下りて、地下へ。

15072603.jpg

最初のうちはいかにもな鍾乳石だったけれど、途中から乾いたいわゆる洞窟っぽい感じになる。しばらくしたら、天井がそぎ落としたように真っ平らな場所に出る。そぎ落としたようなという印象は間違いではなかったようで、足元の下を川が流れていたのが、水が干上がり、空洞になったために地盤が崩落し、石灰岩層はパイのような層の部分をスパッと切り離したような形で崩落したのだとか。またこの鍾乳洞は全長400mile以上(シカゴからここまでの距離とほぼ同じだ)あるのだが、そこまで大きな洞窟になったのは、石灰岩の上に砂岩が降り積もり、傘のような役目をしたので 、石灰岩層が崩れ落ちずに維持されたのだとか。ちなみに今のところ400マイル強だけれど全容は分かっていないとのこと。

最後の方はFrozen Niagaraという鍾乳石ゾーン。ナイアガラの滝が凍ったときのような見た目の鍾乳石なので、その名前がついている。これまた立派だなあ。2時間ツアーとはいえ、参加者も100人ほどいるのでゆっくり歩くことになり、そんなに大変なツアーではなかった。説明も地質学を踏まえてなかなか詳しく面白かった。

15072604.jpg

15072605.jpg

15072606.jpg

洞窟内は年間通じて54F(12-13C)くらいで一定しているとのことで、少しひんやりとしていたが、終わって外に出るともわっと暑い。楽しかった~。さて、そこから一気に帰らなければならない。

…が、その前に腹ごしらえ。Cave Cityまで戻り、Waterfall Diningというローカルなお店へ。教会帰りで着飾った地元の人だらけのレストラン。お食事はバフェ。いわゆるアメリカの典型的な田舎料理だ。素朴だけれど、ちゃんと手を掛けて作られているし、これはこれで美味しい、けれど、毎日とかは厳しいなあ。そして見事に白人しかいない。保守的な土地なんだろうな。

15072607.jpg

昼食:<Waterfall Dining>コーンドポーク、マッシュポテト、オクラのフライ、りんごのシナモン煮、サラダ、コーンパン、バナナクリームケーキ、ピーチメルバ。

15072609.jpg

さて、ここから一気に700km近く一気に走らなければいけない。Kんちゃんが途中まで運転してくれたが、さすがにずっと運転してくれているので交代を申し出る。それは良かったのだけれど、途中から雨。しかも前が見えないくらいの激しい雨。こわいー。しかも行けども行けども雨が上がらず。結局止むまで走り続けたら100mileくらいは走っていた模様。つかれたー。後はまたKんちゃんに運転してもらって20時半過ぎにオフィス到着。色々とお世話になりました。お疲れ様でした~。

夕食:Whole Foodsのサラダバー。

TAG : 旅行ゴハン

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)