2015.9.8(TUE) 今日から夏休み

■6時起床。出発まで時間はあるので、朝はのんびり。朝ごはんを買いにパン屋さんへ行ったり、お洗濯したり。

朝食:レーズンクロワッサン。チーズ。ぶどう。

9時半に迎えの車が来て空港へ。早めに着いたが、今日は珍しくセキュリティも空いていたので、すいすいとゲートへ。

昼食:Manchu Okuのテイクアウト(チキンとマッシュルーム炒め、牛肉とブロッコリーの炒め物、炒飯)

定刻通りに搭乗が始まったが、席について、外を見ると大雨。すごく雷も鳴ったりしていて、しばし出発は見合わせることになった。でも雲を見るとすぐ通り過ぎそうだったのであまり心配せずに待っていたら、30分ほどで出発となった。

目的地はバンクーバー。4時間半ほどのフライトである。空港はエスキモー(?)の文化がフィーチャーされているのかな。綺麗な空港だった。入国審査もレーンが沢山あってスイスイ進し、なんだか感じが良い。タクシーに乗ってホテルまで。料金は固定で40ドル。

ホテルのロビーで相方さんと再会。1か月しか空いていないので、すごく久しぶりという感じはしないけれど、でも嬉しい。ホテルもなかなか素敵。フロントのお兄さんが色々とすごく丁寧に街中について教えてくれて、とても感じがいいし、お部屋も綺麗だった。

15090802.jpg

夕飯がてら町へ出掛ける。少し紅葉が始まっている。気温は15度くらいだろうか。モダンだし、ゴミも落ちてないし、とても綺麗。どこかに似ているような気がするけれど、でもどことも思いつかない。トローリーバスが走っているところは、ちょっと路面電車が走っている広島や長崎を思い起こさせる。街のど真ん中に沢山ガラス張りのアパートが建っているのは月島みたいと相方さんが言う。なんだか不思議な街だわ。

15090801.jpg
紅葉が始まっている

15090803.jpg

15090807.jpg

月島っぽい?

そしてアジア人がすごく多い。中国人がメインだと思うけれど、日本人や韓国人も多い。半分近くアジア人ではないだろうか。だから日本食、中華、などアジア系のレストランやお店も一杯。そのあたりも何となくノスタルジーを呼ぶ理由だろうか。

15090804.jpg

夕食:<Chongoing重慶飯店>コーンと玉子と鶏肉のスープ。戴帽菜。茎ブロッコリーのガーリック炒め。麻婆豆腐。重慶ビーフ。

15090805.jpg

15090806.jpg

麻婆豆腐は花椒がピリピリと効いていたし、重慶ビーフもピリッと辛い。アメリカの中華料理も嫌いではないんだけど、辛くないのが残念なのよね。それに比べて、カナダは中華料理どこで食べても美味しい。そして店員さんがすごく感じ良かったのもビックリだった。大体中華料理屋さんは愛想無いからねえ。というわけで好印象。お会計は48ドル。これにチップ10%くらい。

TAG : 旅行ゴハン

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)