2015.9.16(WED) 下船、そして再びバンクーバー

■6時起床。まだ暗いがもうバンクーバーに到着しているっぽい。朝ごはんを食べに行く。下船時間が早いのでレストランは営業しないのかと思っていたら、今日だけ早い時間からレストランが開いているのだ。

朝食:<Lido>フルーツ。ヨーグルト。パン。

食後に9階のデッキをもう一度歩く。7時には出発したCanada Placeに接岸していた。あれが一週間前だったとは。。。すごくあっというまの一週間だったけど、でもだいぶ昔の事のような気もする。

15091601.jpg

15091602.jpg

何だかどうも体調が良くないような感じなので、部屋に戻って、下船のアナウンスを待つ。予定通り、7時45分に最初の下船が始まり、識別カードの色ごとに呼ばれていく。ワタシ達はブルー。8時15分の予定だったが、8時5分過ぎにはもう呼び出しがあった。手荷物だけ持って、3階から船を下りる。さようなら、Vollendam。降りたところでクルーの皆さんがご挨拶してくれた。さようならー。

15091603.jpg

カナダへのイミグレもあるので時間がかかるのかと思いきや、荷物は識別カードの色ごとにきちんと並べられていてすぐに見つかったし、入国審査も入国カードを渡しただけでパスポートチェックなどはなし。あっというまに外に出れてしまった。まだ8時15分くらいじゃないかしら。

タクシーでホテルまで行く。さすがにチェックインはまだ出来ず、荷物だけ預けて、ウォーターフロント駅の方へ向かう。何だか本当に具合が悪い。熱っぽいみたい。風邪かなあ。ちょっと辛くなってカフェで休憩。でもそこで少し持ち直したので、予定通り、Stanley Parkという公園へ向かう。バスで行くといいよと言われ、19番のバスに乗ったのはいいのだが、コインしか使えないと言う。二人で5ドル50セントだったのだけれど、かき集めても5ドル弱しかない。困ったなあと思っていたら、運転手さんが「あるだけ入れればそれでいいよ」的なことを言って、チケットをくれた。優しい。。。

Stanley Parkはバンクーバーダウンタウンから見て、北側の出島のようになったところ。本当はサイクリングに一番良さそうな広い公園なのだけれど、歩いて回っても気持ちが良い。気温は12-13Cくらいだろうか。日が当たらないとちょっとヒンヤリ。一週間前と比べて、少し紅葉も進んだような気がする。とても気持ちのいい公園だなあ。そして、今までずっと大自然と小さな町にしか行ってなかったワタシ達には、バンクーバーが急に都会過ぎて、何だかギャップがあったのだけれど、この公園で時間を過ごしたのがちょうど良いリハビリになった感じ。気持ち良かった~。

15091604.jpg

15091605.jpg

そこからタクシーにのってGranville Islandというところへ行く。いわゆる観光地名所的な小さな島で、市場やお店が密集している。こういうところにあまり惹かれなくなってしまったワタシ達だけれど、とりあえずここでお昼。フードコートでワタシは気になったベーグル屋さんへ。名物っぽいお肉のサンド。税込みで10カナダドルとなかなかいいお値段だけど、美味しかった。

15091606.jpg

昼食:<Granvil Marketにて>Sigel's BaglesのMontreal Smoked Meat on Bagle

15091607.jpg

ここからフェリーでホテル近くまで帰れると聞いていたので、船着き場に行ってみたら、ビックリ!フェリー、ちっさ!めっちゃ可愛いサイズのボートだった。一人5.5ドル。よく見たら、川の上には相当一杯このボートがいた。面白い~。

15091608.jpg

15091610.jpg

15091609.jpg

ホテルに戻って、しばし休憩。ようやくWIFIに心置きなく繋げられたので(船では100分パックだった上に、会社のVPNには入れなかった)、色々とメール処理など。

本日の夕飯は来る前から予約していたフレンチレストラン。Bルが以前バンクーバーに出張だった時に来て、とても美味しかったと言っていたので予約を入れておいたのであった。ホテルから歩いて行けるところにあったので、お散歩がてら歩いていく。今日はどうやらVancouver Whitecapsというサッカーチームの試合があるようで、ユニフォームを着た人が一杯同じ方向に向かって歩いていく。それとは別に、明後日金曜日にオープンするというノードストローム(デパート)のプレオープンがあるようで着飾った人たちも一杯歩いている。ワタシ達は逆方向に向かっている。

15091611.jpg

15091612.jpg

Le Crocodileという名前のレストラン。Trip AdviserやYelpでも評価が高く、19時少し前に着いたけれど、テーブルは2席ほどを残して満席。食事をしている間もどんどんお客さんが入ってきて2回転させている。楽しみだわー。

15091613.jpg

夕食:<Le Crocodile>アミューズ~Goat Cheese、マッシュルームとチャイブのタルト。山羊のチーズのクセを強すぎず弱すぎず上手い具合に使ったタルト。生地もサクサク。アミューズというにはなかなかしっかりした量。

15091614.jpg

前菜~Ris de Beau aux Cepes, Reduction aux Agrumes, Puree de Navet セップ茸とリードボー、シトラスと蕪のピュレ。温かい前菜から一品選んだのだけれど、普通にメインのボリューム。でもリードボーがふんわりと柔らかく、臭みもあって、美味しい~。蕪のピュレはちょっと甘味が強かったかな。ポルチーーニも美味しい。

15091615.jpg

メイン~Nouilles Fraiches au Homard et Crevette Grillees, Brunoise de Legumes ロブスターとタイガー海老のグリル 自家製フェットチーネ 野菜のソース。フレンチなのにパスタ?と思いきや、野菜のソースは完全にフレンチだった。オマールも海老も美味しかったけど、ソースが一番気に入ったかも。ただボリューム多くて、前菜もパンチ効いていただけに、食べきれず。

15091618.jpg

デセール~洋梨の暖かいタルト キャラメルソース バニラアイス添え。お腹一杯なのでデセールは相方さんとシェア。パイ生地に洋梨と熱いキャラメルソースをかけて、上にバニラアイスをのせた即席タルト。美味しくないわけがない組み合わせよね。

15091616.jpg

担当してくれたのは中国系の男性だったのだけれど、カバーしているテーブル数かなり多いというのに非常に目配りが行き届いていて、またサービスもこなれていて、すごく気持ちがいい。ちょっとだけ使ったカトラリーはすぐ取り替えてくれたり、落とした本人が気づかないうちにナプキンを拾い上げてくれたり。「このお料理はすごく美味しかったわ」と伝えると、「おかわり持ってくる?」と茶目っ気たっぷりに返してきたり。久しぶりにここまで良く出来た人見たわ。しかも見る限り、他のフロアの人たちも皆すごくちゃんとしている。こういうお店は気持ちいいわよねー。

クルーズのレストランの人たちもすごく一生懸命だったのだけれど、それはどちらかというホスピタリティという感じだったのよね。洗練されたプロフェッショナルなサービスというよりは、温かいサービスというか。勿論それも良かったのだけれど、違いが際立つなあ。そして、その違いはお食事にも表れていたと思う。やっぱり技術の差ってあるのよねえ。そしてお会計をもらってビックリ。これだけ堪能して二人で150カナダドル。これはお得だわ。普段アメリカのチップは高いなあと思っている方だけれど、今日は快く20%チップを払いたい気持ちになるお食事だった。大満足だった。

15091617.jpg

お部屋に帰って、パッキング(と言ってもそんなに荷物広げたわけじゃないけど)して、就寝。

TAG : 旅行ゴハン

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)