2015.10.04(SUN) 中近東旅行

■7時半起床。前日比+0.1kg。1月1日比+3.2kg。

■そういえば、昨日Eレンから聞いた話。彼女は夏にトルコ(イスタンブール)、ギリシャ(アテネ)とエジプトへバケーションで行っていたそうなのだけれど、どこもすごくここ数年で様相が変わってしまったみたい。

まずトルコはイスラム教がより幅を利かせるようになっていて、西欧の女性でもほんの少しでも肌を出していると(長袖の先に見えている指先や、パンツとサンダルの隙間くらいとかでも)、肌を覆うように言われるとか。アタチュルクの絵がほとんど飾られなくなったとか。そして、かなりの数の移民が通り過ぎていくとか。何も持たず、何も乞わず、ただ通過していくだけだそうだけれど、でも緊張感はかなりのものとのこと。

エジプトはルクソールあたりもほとんど観光客がいないらしい。何百人も泊まれるような大きな高級ホテルに宿泊していたのは彼女たち夫婦の他には、フランス人夫婦と中国人夫婦の3組だけだったとか。アメリカ人が泊まったのは何年ぶりかしらと言っていたそう。地元の観光ガイドも一か月に一組(!)とかしか担当するお客さんが回ってこないんですって。その人は奥さんから子供から親からの面倒を見ているというのだけれど、どうやって生活は成り立たせているのだろう。そういった状況なので遺跡でお土産を売りつけてくるような子たちも、本当にたまにしかお客さんが来ないから、一旦来たらすごいことになっていたみたい。要らないものだらけでもお金をばらまくような形で買わざるを得なかったと言っていた。

ギリシャはそこまでの変化では無いようだったけど、でも観光客数自体はかなり減っているらしい。

エジプトはとにかく観光客がいないので、旅行代金もお安いそうで(くだんの高級ホテルも一泊20ドル!)行ってみようかしらとちょっと思わなくはないけれど、頻繁に観光客も殺害されているし、それはおいておいても、観光客が少なすぎて、ずっと注目されている状態は心地よいものではないと言っていた。まあ、そうよね。

去年行ったチュニジアもテロがあったし、シリアは当分状況が回復するとも思えない。トルコはあの開放的な雰囲気が好きだったのにそれが変わってしまったと聞いてショックだし。行けるうちに行っておいて良かったと思うけれど、でもどこも何だか悪い方悪い方へ変わっているようで残念だ。

■日本では渋公、こと、渋谷公会堂が閉館になったとのこと。渋谷区役所の建て替えに伴ってのものだそう。なんか寂しいなあ。どうして日本の建物は建て替えという話になるのかな。まあ、渋公の場合、建築的にとても優れたといったものではないだろうから、そういった意味での保存価値はないかもしれないけれど。耐震建築の進化とかもあるのだろうけれど、古い建物をどんどん壊していってしまうのは何とかならないのかなあ。

■今日の3Good! 1)T中さんのお嬢さんのリサイタルにうかがった。まさに迸る才能。とても情熱的な演奏だった。 2)久しぶりにズンバのクラスに行けた。久しぶり過ぎて筋肉痛だわ。 3)ジグソーはかなり進んだ。

■今日の食事。

朝食:チーズトースト。取ってきたリンゴ(ゴールデンデリシャス)。

昼食:<イタリアンレストランB>イタリアンウェディングスープ。野菜とチキンのパスタ。

イタリアンウェディングスープって初めて聞いた。お野菜とお団子状のミニソーセージのスープだった。

夕食:お味噌汁。チーズ。ナッツ。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)