2016.6.17(FRI) アンテロープキャニオン、ホースシューベンド、モニュメントバレー

■4時50分起床。5時20分には出発し、ベラッジオのツアー集合場所へ。JTBのバスツアーに参加するのだ。11名。ラスベガスはネバダ、そこからユタ州やアリゾナ州を行ったり来たりする感じ。5時間ほどかけて、アリゾナ州のページという町に到着。

そこでお昼を食べてから、アンテロープキャニオンツアーに参加する。ジープに乗り換え、普通の道を10分、オフロードを10分ほど走ると、峡谷に到着。鉄砲水で出来た細い峡谷。でも砂岩の綺麗な層に光が入ると、この世のものとも思えない綺麗な景色を生み出す。ガイドさんはすごく写真を撮るのが上手で、iPhoneでとてもきれいな写真を撮ってくれた。実際に目で見るよりも写真の方がいいみたい。45-50分くらいかけて細い道をくねくねと歩いて往復する。13時半開始のツアーで、15時頃車に戻ってくる。

そこからちょっとだけ車に乗って、ホースシューベンドへ。水によって大きく抉られた、これまた豪快な渓谷だ。上から覗き込む形になるのだけれど、まったく柵も何もない。日本じゃ有り得ないよねえ。まさに自己責任の国。相方さんは高所恐怖症なので全く覗き込まず。しかも怪我したところが痛いとかで歩くのがかなりつらそうな感じだった。

ガイドさんは「さてさて」と「だーっと(走ります)」が口癖で、西部劇大好きなおじさん。でもこのあたりは本当に西部劇の撮影場所のメッカなのね。ジョンウェインやクリントイーストウッドなどなど往年の俳優さんたちが皆ここで撮影してたのかあ。

2時間くらいかけて今度はユタ州のモニュメントバレーへ。ここは国立公園ではなく、ナバホインディアンの居住区。お酒は販売していない。ホテルはThe View Hotelというところで、全部屋からモニュメントバレーを眺めることが出来る。夕方は赤い光がバレーに反射するのを眺めることが出来る。20時42分に日の入り。日が沈むと岩に映えていた赤い光もなくなってしまう。それを見届けてから、夕食。ナバホ族のお料理というのを食べる。早めに寝よう。

■今日の食事。
朝食:コーヒーケーキ。
昼食:<ページのメキシコ料理屋>ビーフタコス。
夕食:<View Hotelのレストラン>Red chile pocale

TAG : 旅行ゴハン

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)