2017.2.8(WED) ナスカの地上絵

■朝起きて窓から外を眺めると何だか日本にいるみたい。建物の感じが日本と似てるのね。ホテルのバフェで朝ごはんを食べて9時に出発。

17020801.jpg

17020802.jpg

リマから4時間弱掛けて、ピスコという町へ向かう。そこからセスナに乗って、ナスカの地上絵を見に行くのだ。高速道路もちゃんとしていて走りやすい。

ペルーはすごく気候が変化に富んでいるらしい。リマなどがある海岸沿いはチャラと呼ばれる砂漠気候で、夏の今の時期は30C前後になるが、年間を通じて雨がほとんど降らない。クスコのあたりは3000m強のアンデス高山地帯。このあたりは夏でも朝は10Cを下回るヒンヤリしたところ。そしてさらに東に行くとアマゾンになる。国土の6割がアマゾンなんですって!ペルー=マチュピチュのイメージだったので、アマゾンがあるなんて想像もしてなかったな。

今日は海岸をずっと南下していくので、乾燥した地域がずっと続いている。たまに川が流れているところだけ、緑がある。13時くらいに海沿いの町パラカスについてお昼ご飯。決まったメニューの中から選ぶ定食屋さんみたいなところだったけど、でもお魚が新鮮だし、ごはんだし、おいしい!

17020803.jpg

17020804.jpg

14時ころに空港到着。ナスカ行きの飛行機は12人か6人乗りのセスナしかないのだが、それが15分に1本飛ぶくらいの空港の割には、建物がとても立派。体重を図って、席を割り振られる。待合室に行ったら、一本前の飛行機は日本人の団体さんで埋まっていた。ワタシたちの乗る便も4人日本人の方がいる。12人乗りだけど、9人しか乗っておらず。

17020808.jpg

空港から25分ほどでナスカに着く。小さい飛行機の上に、少し気流が悪くて、揺れて、ちょっとヤバいかなーと思っていたのだが。。。 地上絵をよく見えるように機体を左右に倒し、かつどちら側の席に座っていても見えるように、片側から見たら逆側に旋回するので、ぐいんぐいん揺れる。あっというまに飛行機酔い。脂汗をだらだらかく感じ。35分で13個の地上絵を見るようになっている。頑張って写真だけは撮ったものの、楽しむ心の余裕はなし。早く終われーって思いつつ、写真を撮っていた。

17020807.jpg

でもハチドリとか蜘蛛とか写真で見た光景がたくさん!おおー!しかも大きさがマチマチなのね。10mほどの小さなものもあれば、200mくらいのものもある。

17020810.jpg

17020809.jpg

17020811.jpg

そしてこの線は地上から10cmほどの深さしかないとのこと。赤っぽい地表面を少し削ると白い部分が露出するのだ。そんなに浅いのに、なぜこれが残ってるかといえば、雨が全く降らないということと、さらに地表面を風が吹かないのだそうだ。風は少し高いところを吹いているのですって。すごく特殊な気象条件があったからこそ、これが残っているのね。ビックリだわー。

空港に戻る帰り道は目をつむってひたすら耐える。そしてまた車で4時間ほど掛けてリマに戻る。なかなか大変だったなあ。でも20時半頃には到着。

疲れているけど、今日は外に食事に行くことにしていたのだ。リマは南米一の美食の都なんですって。そりゃ食べないわけにはいかないでしょ。ということでトリップアドバイザーで評価が高かったお店に行ってみる。お昼もそう思ったけど、マイルドだし、脂っこくないし、日本人の口に合うなあ。おいしい!そしてお会計もお安い。二人でチップ10%入れて、190ソル。1コロンビア・ソルは3.3ドルなので、米ドルで60ドルくらい。安い~。

17020812.jpg

そしてさすが南米気質なのか、夜は遅い。レストランはだいたい24時くらいまでやっている。ミラフローレスの町を少し歩いたのだけれど、人もたくさん歩いていて夜遅くても、安全な感じ。いいところだなあ。

■今日の食事

朝食:<ホテル>バフェ。

昼食:<海辺のレストラン>セビーチェ。シーフードライス。

17020805.jpg

17020806.jpg

夕食:<Saqra>カツオの前菜Bonito Tumbo & Palta S./34。ロモサルタードPeruvian Lomo Saltado S./48。

17020813.jpg

17020814.jpg

ロモサルタードは牛肉、じゃがいも、玉ねぎ、トマトを炒めたもので、ペルーの国民食。味付けに醤油を少し使っているとかで、日本人の口に合う。しかもこれご飯と一緒に出してくれるのがめっちゃうれしい。

S./というのはペルーの通貨ソルの書き方。1ソルが今は3.3USドルなので、メインで15ドル弱くらい。食費はお安い。この国もチップ文化はあるが、5-10%くらい。おいしいし、サービスもいいし、アメリカ人にちょっと見習っていただきたい感じ。

TAG : 旅行ゴハン

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)