2016.4.30(SAT) エビータ

■6時起床。前日比?kg。15年1月1日比?kg。筋肉痛だけど、がんばってジムへ。ぱぱぱっと家のことをしたあと、美容院でカラー。プリン状態だったのがずっと気になっていたのでよかったー。

誘われて、エビータのミュージカルを見に行く。郊外のホテルにい併設されたシアターでやっているものだが、街中で見るよりもよっぽど舞台に近いところで見れる上に、安い(40ドル)という。もちろん本物のブロードウェイと比べれば、さすがに少し質は落ちるけれども、それでも十分な楽しめる。観客席の中央に舞台があるので役者さんたちは四方から入ってくるのが新鮮で面白い。エビータはマドンナが出ていた映画ということくらいしか知らなかったので、ストーリーも初めて知った。実在の人の話だったのね。面白かったなあ。

16043003.jpg

16043002.jpg

16043001.jpg

■今日の食事。

朝食:レーズンウィッチ。

昼食:<ベネズエラ料理屋C>アレパ。

夕食:<ホテルのレストラン>シュリンプカクテル。カラマリグリル。ティラピアのソテー。

2016.4.23(SAT) ネイル/CSO

■5時半起床。前日比?kg。15年1月1日比+2.4kg。

先週末あったかくなって以降、一気にモクレンや桜っぽい花が咲き始め、新緑も出てきた。ほんとこのシーズンはすごく綺麗なのだ。

16042302.jpg

ネイルは夏仕様。

16042301.jpg

夜はCSO(Chicago Symphony Orchestra)。シェイクスピア月間だそうで、シェイクスピアの「ウィンザーの陽気な妻たち」をベースにしたFalstaffという歌劇だった。歌手の人たちが前に立って歌う形式だった。Falstaffというちょっと年配でわがままでスケベなおじさんをおちょくる話と言えばいいだろうか。歌は全てイタリア語だが、字幕が出るので内容はちゃんと理解できる。喜劇だかということもあるのかもしれないが、そこかしこでセリフに対して笑いが起きるのがアメリカっぽいなあと思う。日本人だったらここまで反応しないんじゃないかなとか。第一幕から第三幕までフルにやったので、20時開始で終わりは23時だった。

16042303.jpg

16042304.jpg

■今日の食事。

朝食:果物。トースト。

昼食:炒飯。

夕食:<コーヒーショップ>シナモンケーキ。

TAG : ネイル

2016.4.1(FRI) タリアセンをついに訪問、House on the Rockは壮大なB級スポット

■5時半起床。今日は半休してお出掛け。イリノイにはフランクロイドライトのスタジオや建築物が数多くあるけれど、彼が晩年の本拠地としたタリアセンはウィスコンシン州スプリンググリーンという町にある。そこにずっと行ってみたかったのだけれど、ついに行く機会に恵まれた。そのあたりに何か見るものあるかしらと思ったら、近くにHouse on the Rockという謎のスポットがあることが発覚し、そこも行ってみることにする。タリアセンのツアーが14時からしか取れなかったので、先にその謎スポットへ。

シカゴからスプリンググリーンまでは3時間ほど。House on the Rockは1959年にアメリカ人のAlex Jordanという人がオープンした家のような博物館のような不思議なスポット。3つのセクションに分かれていて、入場料は30ドル。最初にどんな構造になっているか、何が見れるか説明してくれる展示室があるのだけれど、そこを見ても正直何が何やらである。

アーティストでもあったJordanさんは自分が創作活動に没頭できるように、大きな岩と一体化したような家を作ったのが最初らしい。床や壁の一部が自然からの岩そのままになっていたり、消失点のある廊下が宙に突き出ていたり、不思議なお家ではあるのだが。でもそれは全然序の口だった。

16040110.jpg

16040104.jpg

16040102.jpg

16040103.jpg

16040101.jpg

巨大なクジラとタコが戦っている模型を体育館のようなスペース一杯に展示したり、世界一大きな回転木馬を作ったり、巨大な自動演奏装置を多々作ったり、古い街並みを自分の家の中に再現していたり、人形の家や銃などのコレクションも膨大な量飾ってあったり。コレクションマニアなのかな。壮大過ぎる。赤い幻想的な照明が好きなのか多用されているのだが、そのせいもあってか何だか後半は半分トリップしているような不思議な感覚だった。B級だけど、ここまでB級も極められるのかという感じの場所だった。面白かった。途中で休憩して、1時頃まで。途中みぞれ混じりだったけど、出るときには止んでいた。

16040106.jpg

16040105.jpg

16040107.jpg

16040108.jpg

16040109.jpg

そこからタリアセンまではすぐそば。2時からのツアー。ガイドのケイトさんとともに、バスでタリアセンまで。まだここには人が住んでいたり、働いていたりするらしい。タリアセンはウェールズ語で「輝ける額」。丘の中腹の額に当たる部分に建てられている。室内はまた考えに考えられた空間。相変わらずの東洋趣味で襖絵のようなものも多く飾られているが、そこに描かれた松が家の外の本物の松とつながっているような意匠になっていて、一幅の絵のように見える仕掛けとか。Compression & Release(低い天井で圧迫感を感じさせる廊下から広い天井のパーティールームへの動線とか)やConceal & Reveal(入ってほしくないところは目立たないように)、家の外と内の境界を無くすなどお得意のコンセプトも様々。火事で住宅部分が焼け落ちたけど、スタジオは焼けなかったのね。楽しくて、そしてお家も素晴らしくて、あっという間の2時間だった。午前中とはうってかわっての洗練された建物でギャップが大きすぎるけれど、一方で二人ともこだわりの強さという意味では通じるものがあるのかもしれないとも思った。

16040113.jpg

16040111.jpg

16040112.jpg

うーん、タリアセンへ行くという念願が叶ってすごくうれしい。予報は終日雨だったのだけれど、降られることもなく、帰りはすっかり晴れていた。良かったー。

16040114.jpg

■今日の食事。

朝食:梨。

道中で:おにぎり。鳥の照り焼き。玉子焼き。ブロッコリーのおかか和え。

昼食:<House on the Rockのカフェ>ソーセージピザ。

夕食:<イタリアンJ>カプレーゼ。サラダ。シーフードリゾット。スパゲッティボロネーゼ。

2016.3.25(FRI) 素敵な金曜日- Pink Martini

■6時起床。今度の日曜がイースターなのは知っていたけれど、ということは今日はGood Fridayなのね。オフィスにはほとんど人がおらず。打ち合わせもほとんど入っていないので、ゆったり仕事。しかも昼は昨日に引き続いて(というか、昨日その話を聞いて誘ってもらったが正しいけど)、M-くん、3号さまとランチ。昨日とうってかわってお天気も良く、暖かいしねえ。

Aンジェラに拾ってもらってダウンタウンへ。ミレニアムパークに車を止めて、お散歩。10Cはないかな、ちょっと寒いけど、お日様が当たるので気持ちがいい。17時15分にThe Gageというレストランを予約してくれていた。ちょー人気のレストランらしく、よく予約がとれたねというところらしい。早い時間でもちょー満員。建物はクラシックなビルをそのまま使っていて、でも中はヒップな感じでアメリカっぽい。お食事も美味しかった。

16032501.jpg

19時半頃に出て、シカゴシンフォニーへ。今日はここのホールでPink Martiniというバンドが演奏するのだ。ボサ、スカ、シャンソンなどなど、色々な国の音楽を取り入れて演奏するおしゃれなバンド。なんと、ズンドコ節まで演奏して、それがすごくかっこいいので、一人でめっちゃウケてしまった(アメリカ人にはこの面白さを伝えられない…)。とても人気で、なんと今日は席が6階だったけど、そこまで満員だった。

16032503.jpg

16032504.jpg

素敵な春の夜だったなあ。

■今日の食事。

朝食:レモンケーキ。

昼食:<ラーメン屋S>ちゃんぽん麺。チャーハン。

夕食:<The Gage>Soup Of the Day。Berkshire Pork Shank

16032502.jpg

TAG : 外ゴハン

2016.1.24(SUN) シカゴ美術館、レストランウィーク、ユニクロ

■7時起床。前日比+0.4kg。15年1月1日比+2.7kg。

■朝から積極的に活動。まずはEdlis/Neesonコレクションを見にシカゴ美術館へ向かう。昨年この二人のフィランソロピストがシカゴ美術館にモダンアートを中心に44作品を寄附。その条件は作品を常設展示すること。で、その展示が年末くらいから始まった。美術館会員だと週末、通常の開館時間10時半より30分早い10時から特定の展示を見ることが出来るのだが、1月から2月9日までは彼らの展示室が対象となっているのだ。人気がないところでじっくり鑑賞できるのだろうということで行ってみた。

16012401.jpg

10時数分前にモダンアートの入り口に行くと待ち人1人だけ。これはいいわ。10時になるとドアが開き、会員証を見せて中に入る。モダンアートは2階だけれど、この展示室を作るために大幅に展示が入れ替えられた模様。やっぱり44点って相当の規模よね。しかもウォーホール、リキテンシュタイン、ジャスパージョーンズなど名だたるモダンアーティストの作品ばかり。寄附としてはシカゴ美術館では最大規模のものだそうだし、評価額も40数億円と聞いた気がする。すごいよねえ。

で、いきなり入るとババーンとジャスパー・ジョーンズが目に飛び込んできて、そのわきにはリキテンシュタインが控えている。隣はウォーホールのお部屋だし、写真や彫刻などもあり、範囲も広い。個人でこのコレクションってすごいなあ。しかもこれは蒐集の一部なんだろうし。

16012403.jpg

16012402.jpg

今回のコレクションでもっとも気に入ったのは村上隆。Mr.Pointyという彼のキャラクターをアクリル絵の具で描かれたもの。蓮の花に乗った千手観音の意匠だよね。アクリル絵の具のキラキラがまるで螺鈿のようだし。

16012404.jpg

そのあとは中国の陶磁器を堪能。この部屋いままで来た事なかったかも。

■満喫して、ループに乗って移動…しようと思ったら、なかなか大変だった。グリーンかピンクのラインに乗ればいいんだけど、なんとホームの向きが逆だという。最初それに気づいておらず、一本逃してしまったりばたばたしたけど、何とか正しい電車に乗れて、Clinton駅まで。West LoopでKんちゃん&Mーくんと待ち合わせ。

レストランウィークなので、ランチを予約していたのだ。Carnivaleというレストランで、異国のサーカスをイメージしているのかお洒落なインテリア。ただ行って発覚したのだけれど、なんと休日のランチはレストランウィーク対象外だとか。えー!と文句言ったけど、どうにもならず。でもまあいいかとアラカルトからオーダー。美味しそうだったしね。

16012405.jpg

16012406.jpg

食事が終わったあとものんびり話したあと、マグニフィセントマイル方面に移動。色々なお店を見て回る。最後はユニクロへ。三人ともまだ一度も来たことがなかったのだ。お店に入ってみると、完全に日本のユニクロと一緒だ!年末に行った新宿のユニクロとほとんど違わない感じ。しかも値段も19.90ドルとか39.90ドルとかが多くて、日本の1990円、3990円とかの感覚と一緒。ヒートテックをお買い上げ。

楽しい一日だったー。

■今日の3Good! 1)新しいモダンアートの展示素晴らしい! 2)厳密には違ったけど、レストランウィーク第一弾を楽しんだ。 3)モンクレールとかカナダグースとかバーニーズとかウィンドウショッピング楽しかった~。普段そんなにしないけど、たまにするとめっちゃ楽しい。美術品と一緒で目の保養。ユニクロも楽しかったけどね、まったく日本で。

■今日の食事。

朝食:カレーパン。

昼食:<Carnivale @West Loop>Double Egg Sandwich。

16012407.jpg

TAG : 外ゴハン