2017.10.11(WED) 久しぶりにホテルでのんびり食事。

■夜はM和さんと食事。お目当てのお店に電話したら本日お休みのとのことで急遽場所探し。久しぶりにアンダーズホテルへ。以前よりもなんか居心地よい感じがする。

■今日の食事。

朝食:梨。マドレーヌ。

昼食:<カフェ>ミニスープ。マッシュルームのグラタン。

夕食:<アンダーズタバーン>鴨肉とパテドカンパーニュ。ブイヤベース。柿のタルトタタン。

2017.10.10(TUE) 疲れていたみたい

■昨日は疲れていて早くに寝てしまった。今日も良いお天気!30度になるところもあるらしい。小春日和というかなんというか。

■今日の食事。

朝食:梨。マドレーヌ。

梨は福島の、マドレーヌは陸前高田の。

昼食:炭火焼ポークサンド。

夕食:ミートソーススパゲティ。サラダ。

2017.10.9(MON) もちろん観光も

■5時半頃に朝風呂。日の出が見えるかなと思って。残念ながら薄曇りで良く分からなかったけど、でも蔵王の山々を眺めながら入る露天風呂はとても気持ちが良かった。7時から朝ごはん。8時には出発。結構行く先が遠いのと、昨日の混雑を思うと、今日も早めに出発。

まずは立石寺に向かう。芭蕉が「閑けさや 岩にしみ入る 蝉の声」と詠んだ山寺。学生時代にバン旅行で一度来ているけど、それ以来だからほぼ20年ぶり。とはいえ、何か変わっているわけではないと思われる。むしろ変わった(衰えた?)のは自身の方で、奥の院まで千段の階段を登る体力があるかドキドキ。でも香川の金毘羅さんに比べると、階段の段差が低いのか、意外と楽勝だった。ただ残念ながら、奥の院は改装中。五大堂で気持ち良い風に吹かれながら景色を堪能する。そのあと一気に降る。8時半に着いて、お詣りして、降りてきたら10時。こんなもんかな。でも足がガクガクー。

17100901.jpg

さて、お次は天童、村山といった果樹地帯を超えて、銀山温泉へ向かう。ワタシは全然知らなかったのだけど、相方さんがすごく良さそうな所だから行ってみたいとのこと。長閑な田園地帯を抜け、山の方へ。11時過ぎに到着。上の方の駐車場に停めて、坂を下っていく。そうすると川の両岸に趣のある建物が並んでいる。銀山自体は-5-16世紀頃に廃山になったようだけれど、温泉として大正時代に栄え、当時の趣きを残した街並みとなっているのだ。すごく素敵。夜の灯りとか雪景色もとても良いらしい。泊まれたら良かったのだけれど、予約がかなり先まで一杯だったんですって。確かにここは泊まってみたいなー。食事出来るところご一軒だけあったので、そこで昼食。山形の板そばに、揚げ茄子と舞茸の天ぷら。美味しい。

17100902.jpg

17100903.jpg

12時半になった。仙台まで戻らなければならない。2時間くらいかかるらしいので丁度良いかな。車の運転変わろうかと言っていたのだけれど、タイミングないままずーっと来てしまった。途中渋滞していてすこし心配したけど、14時45分には到着。15時返却予定だったから完璧だわ。しかも駅レンタカーだと駅に直結していて便利。最後のお土産を買って新幹線に乗り込み、17時頃帰京。

良い旅行だった!やはり双葉町を見たショックが一番大きかったけれど、蔵王の紅葉も良かったし、美味しいものも沢山食べれた。充実した三連休だった。

2017.10.8(SUN) 福島の帰宅困難地域へ

■6時頃に朝風呂。靄がかかっていて幻想的な美しさ。7時過ぎに朝ご飯を食べて、早めに出発。

前回行かなかった福島の方へ行ってみたかったのだ。常磐道で浪江町まで行く。浪江駅に行ったら北に四駅分くらい電車が動いており、2時間に一本の電車がたまたま来るところだった。人も多少乗り降りする。でも駅前も含め、人が住んでいないと思われる建物が多い。まだ全然戻って来てないのだろうな。

そこから国道6号線を南下する。浪江町の南隣が双葉町なのだけれど、ここはまだ帰宅困難地域。国道6号線だけ、通行することが出来るのだ。とはいっても、通れるのは車だけ。二輪車や歩行者は通ることが出来ない。それだけ放射線量が高いということだろう。人がいる浪江町までは放射線量を示す電子掲示板があったけれど、この辺りはそれもない。帰宅困難地域に入ると、先程の浪江町とは雰囲気が違っている。人気が全くないのと少しでも人が住んでいるのは全然違うのね。6年以上人が入らなくても思ったよりも荒れてはいないし、窓ガラスなどもあまり壊されていなかったけど、でも本当に死に絶えた町という感じがする。なんだか薄ら寒い。きっかけはもちろん地震だけれど、でもこの町がこうなってしまったのは人災だ。いつか人が住めるようになるのだろうか。寂寥とした気持ちになるが、自分の目で見ることが出来て良かったと思う。

17100801.jpg

17100802.jpg

17100803.jpg

17100804.jpg

17100805.jpg

17100806.jpg

17100807.jpg

双葉町を後にして、また常磐自動車道へ戻る。稲刈りされた、人の手が入った田んぼを見て、ホッとした気持ちになる。相馬のサービスエリアで休憩兼お土産購入兼早めのお昼ご飯にする。B級グルメで優勝したなみえ焼きそばを食べる。太い麺で、具は豚肉ともやし。

そこから白石蔵王へ向かう。途中、県道12号沿いのフルーツラインというところを通り掛かる。ちょっと寄ってみようということに。試食とか出来るのかしらんと思っていたら、お店のおばちゃん、いきなり大きな梨を一個丸ごとくれて、そこで剥いて食べていいわよーと言う。なんて大胆な。いただいた秋月という梨はすごく瑞々しくて美味しかったので、東京に送ってもらうことにする。わーい。ほくほく。

蔵王へ入って行く。滝見台で不動滝と三段滝を遠望。そのあと、いろは坂のようなうねうね道を走り出したら、渋滞。すごいノロノロ運転になる。どうやら蔵王の御釜がある刈田岳に向かって渋滞しているらしい。全く気づいてなかったけど、紅葉のピークシーズンなのね。今日のお宿は蔵王の向こう側なので引き返すわけにもいかない。途中パーキングなどで休憩挟んだりしながら辛抱強く進む。こまくさ岳のところで美しい紅葉と玉こんにゃくを堪能。あと数百メートルとなってもまだ進まない。ようやく蔵王ハイラインに到着。ここから刈田岳、御釜の方に向かうのだけど、そこへ行くととてつもなく遅くなりそうなのでスルー。そうしたらその先は車いなくなりガラガラだった。雲海に太陽がキラキラしていて、すごく眺めが良い。気持ち良いドライブだなー。紅葉もこちら側の方が綺麗。ロープウェイ乗り場のところで休憩がてら景色を堪能。気温はだいぶ低い。12-3Cかな。

17100808.jpg

17100809.jpg

17100810.jpg

17100811.jpg

一気に山を下る。耳抜きしたいほど、一気に標高下がる。本日のお宿は黒沢温泉にある悠湯の郷ゆさ。着いたら17Cくらいあり、暖かい。お腹空いたのですぐお夕飯にしてもらう。山形牛の朴葉焼きと芋煮、松茸土瓶蒸しなどなど。芋煮は牛肉でお醤油味、というか、甘みがあってすき焼きみたい。これが庄内の方へ行くと豚肉でお味噌味なんですって。芋煮も他のものも美味しかったけど、汁物多めのボリューミーなご飯でちょー満腹だ。少しだけ休憩してから、お風呂へ。暗くてよく見えないけど、良い露天風呂だった。お月様が綺麗。今日も早めに就寝。

17100812.jpg

2017.10.7(SAT) 東北へ

■この三連休は相方さんと遅めの夏休み。出雲が第一候補だったのだけれど、サンライズ出雲のチケット取れずに断念。その代わり、四年ぶりに東北へ行くことにした。

9時前の新幹線で一関まで。レンタカーして、まずはお昼ご飯。一関はお餅が名物なんだそう。冠婚葬祭には必ずお餅をつくそう。それをベースにしたもち御膳というのを、ふじせいというレストランでいただく。8種類のお餅に、お雑煮と、ホントに餅ばかり。あんころ餅、納豆餅、ずんだ餅、黒ごま、くるみ、エゴマなどなど。全て甘いのが東北っぽいかも。確かにお餅がつきたてらしいふわふわで美味しい。でも全部食べたら死ぬので適度なところでやめておく。それでもお腹いっぱい。

17100706.jpg

そこから陸前高田へ。3年前と同じルートを辿って、どのくらい復興が進んでいるのか見たいと思ったのだ。陸前高田は内陸部はかなり普通だけど、駅のあった海のあたりは造成しまくりで一般人は入れなそう。すごく作業は進んでるけど、人が暮らせるようになるのはだいぶ先だろう。

17100702.jpg

道の駅の残骸はまだあった。震災遺構として遺すことに決めたらしい。復興計画なども見ることが出来た。前回はお金を落とそうにも、復興作業員以外は誰もいなくて、お金を使うところがなかったのよね。でも今回は一本松茶屋というお土産物屋さんが出来ていたので、地元のものをお買い上げ。

17100703.jpg

17100704.jpg

そのあと奇跡の松とユースホステルのところまで歩いて行く。前回よりも更に遠回りになってるかな。もう松の木は枯れてしまったらしく、コンクリとか入れて立たせるとなっているらしい。ユースホステルもそのまま。

17100705.jpg

17100701.jpg

気仙沼の市場を確認して、そこから南三陸へ。途中事故渋滞で1時間くらい余計にかかってしまった。南三陸防災庁舎も今のところはまだ残っている。さんさん市場は少し場所を移動して恒久設備になっているとのこと。防災庁舎に行こうとしたら献花台が手前にあり、建物までは近づけないようになっていた。その間は造成したり何なり。道もぐちゃぐちゃだわ。

とにかく宿へ。もう6時過ぎてしまった。雨だし暗いしで運転大変だったのに違いない。早速ごはん。今回もボリュームたっぷりなご飯だった。魚介が良いのだけれど、特に秋刀魚のお刺身うまし。露天風呂に入り、ごろごろしてるうちに22時過ぎには寝てしまった。

17100707.jpg